JA紀州青年部 近畿活動発表で最優秀賞

 近畿地区JA青年大会が19日、兵庫県農業会館で開かれ、青年組織活動実績発表の部で和歌山県代表のJA紀州青年部(千原英樹部長)が最優秀賞に選ばれた。JA紀州は御坊市名田町野島の笹本雅也さん(31)、西口泰弘さん(33)が日本一の生産量を誇るスターチスを使った花のイベント「母の日参り」について取り組みの成果をアピール。2月14、15日に東京で開催されるJA全国青年大会への出場を決めた。
 JA青壮年組織が集まり、取り組み成果の発表と交流を通じ、活動の強化・発展を目指す大会。青年組織活動実績発表に3県、青年の主張に2府3県の各代表が出場し、それぞれ最優秀賞受賞団体が全国大会に進む。JA紀州青年部は昨年8月の県大会で最優秀賞を獲得。県代表として「母の日参り~フラワーボーイズ・ビー・アンビシャス~」をテーマに実績発表した。
 「母の日参り」はスターチスで母の日に墓参りをしてもらうイベントで、5年前、「家族の愛と絆」をテーマにした活動として母の日の起源に着目。5月の大型連休から母の日にかけての行事として確立することで、需要の掘り起こしと新たな創出を目的にスタートさせた。青年部メンバーで「フラワーボーイズ」をつくり、県内外で花やパンフレットを配ってPR。県やJAと連携することで活動の幅が広がり、線香を扱う会社や大手花屋グループの協力が得られるようになったほか、これまで31都道府県で実施される行事として確実に認知度が高まっている。今後は花を売るPRイベントだけでなく文化として定着させたい考え。「私たちのまいた種は、芽を出し、やっとつぼみをつけました。母の日参りという花を皆さんとともに満開に咲かせたい」と会場の関係者ら約300人に訴えた。
 登壇した笹本さんと西口さんは最優秀賞に「活動が評価されてうれしいです」とにっこり。全国大会へ向けて「全国に誇れる活動。大舞台で日本中にアピールしてきたい」と意気込んでいる。

関連記事

フォトニュース

  1. コロナに負けるな!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る