御坊で認知症支援のまちづくりシンポ

 御坊市は24日、ごぼう総活躍のまちづくりプロジェクトの一環で、認知症になっても希望を持って暮らせるまちづくりを目指した講演会とシンポジウムを御坊商工会館で開催した。第1部では、若年性アルツハイマー型認知症当事者の丹野智文さん(42)=仙台市=が講演。周りの環境が良ければ笑顔で楽しく過ごせることを強調し、「失敗を怒らず、信じてあげる環境をつくろう」と強いメッセージを送った。
 丹野さんは自動車販売会社の営業マンとして働いていた39歳のとき、若年性アルツハイマー型認知症と診断され、苦悩もあったが、周りの理解と支えで仕事と家庭を両立している経験談を披露した。
 認知症と診断されて最もつらかったのは妻、両親、2人の子どもたちに心配をかけてしまうことだったと振り返り、「認知症をオープンにすればサポートしてくれる人がたくさんいることを知ったが、偏見もあり、家族に迷惑をかけてしまうかもしれない」と葛藤があった率直な胸の内を明かした。そんなとき、子どもが「パパはよいことをしているんだから、いいんじゃない」と言ってくれ、オープンにすることを決心したエピソードを紹介。中学、高校の部活の仲間との集まりに参加したとき、病気のことを知らせた上で「『次に会ったとき、みんなの顔を忘れていたらごめん』と笑いながらいうと、みんなは『大丈夫、俺たちがお前のことを覚えているから』といってくれ、不安が吹き飛んだ」と周りの理解で前向きになれたことを説明した。病気診断されたあと、認知症の人と家族の会に参加し、優しく声をかけてくれて、仲間と会うのが楽しみになっていったことも紹介し、「認知症とともに生きる道を選んだ。家族と過ごす時間が増え、家族の会と出会い、たくさんの優しさに触れた。認知症になっても周りの環境さえよければ笑顔で楽しく過ごせることが分かった」と人と人のつながりが当事者を笑顔にすると強調した。
 認知症の家族や支援する側の人には「できることを奪わないでください。時間はかかるかもしれないが、待ってあげてください。一回できなくても、次できるかもと信じてあげてください。当事者はできたとき自信を持つ。話をしていても、当事者が話をする前に、一緒にいる人が代弁してしまい、当事者の話を奪っているように思うことがある」と当事者目線で訴え、「周りの人は、失敗しても怒らない、行動を奪わないことが重要。そんな環境が認知症には必要です」と声を大にした。最後に「一歩を踏み出すことで人生が変わり、多くの認知症を持つ人と知り合え、これからについて安心することができ、進行も遅くなっていくような気がする。わたしは営業の仕事と車の運転はあきらめたが、講演活動などで人生が大きく変わった。人生は認知症になっても新しくつくることができる」と、前向きに生きることの大切さを生き生きした表情で話した。

関連記事

フォトニュース

  1. けっこう体力使います

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る