美浜町のPRソングが完成

 地方創生事業の一環で、美浜町のPRソングと動画が完成した。PRソングは鹿児島を拠点に活動しているシンガーソングライターを中心に3人の町内出身者がCD制作にかかわり、軽快なメロディーと郷愁を誘う歌詞でふるさとの魅力を発信。動画にはPRソングをBGMに町内の歴史、自然、観光スポット、特産品、伝統行事などが収録され、町外へ美浜をアピールする。歌、動画とも町内外のイベントやPR活動で活用する方針で、町のイメージアップに一役買いそうだ。
 PRソングのタイトルは「僕の生まれた街へ」。鹿児島を拠点に活動しているシンガーソングライター、宮井紀行さん(39)が制作の委託を受け、作詞・作曲、歌を担当。東京の音楽会社に勤務する谷計成さん(41)が編曲、京都在住の画家、西垣至剛さん(31)がCDジャケットをデザインした。軽快な親しみやすいメロディーに乗って「夕日の照り返す 海沿いの遊歩道を」「今もどんなに遠く離れても 君と見た海を覚えてる」など煙樹ケ浜を連想させる歌詞が登場し、「次の休みが取れたなら帰ろう 君の住む街へ 帰ろう 僕の生まれた街へ」とうたわれている。CDジャケットは水彩画で煙樹ケ浜の夕日が描かれ、歌にマッチしたデザインに仕上げられている。CDは非売品で約1000枚作った。
 動画は「緑と絆で築くまち 和歌山県美浜町~心も体も健康~」がタイトル。町内在住の日高高女子生徒6人が出演し、クヌッセン機関長と遺徳顕彰を続ける地元住民、カナダ移民の歴史、潮吹き岩、西山、地引き網のシラス漁、松林、松葉堆肥を使った農作物、町のゆるキャラ「まつりん&ぼっくりん」、吉原・和田祭などを紹介している。昨秋に行われたフォトコンテストの応募作品も使用。松林については「新緑で体を癒やすのにもってこい」とPR。後半には「豊かな自然と雄大な景色に囲まれたまち」と観光を呼びかけている。9分49秒のロングバージョンと1分25秒のショートバージョンがあり、制作は㈱テレビ和歌山に委託した。
 事業主体は町、商工会、町内事業者ら官民一体でつくる町6次産業化研究推進部会で、事業費はPRソングと動画合わせて約300万円。いずれもイベント、PR活動をはじめ、キャンプ場管理棟内のアンテナショップMIHAMAでの活用やネット配信も検討している。町地方創生統括官の西山巨章さんは「動画には地元の女子高校生が登場し、親しみを持ってもらえると思う。歌もこれだけのために使うのはもったいないほどで、町民の皆さんにも好きになってもらえれば」と話している。
 歌、動画使用等の問い合わせは商工会℡0738-22-8193。

関連記事

フォトニュース

  1. 水をまいたら涼しくなるよ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る