失われてしまった田舎の安心

 今月10日、田辺市龍神村柳瀬の県道沿い山の斜面でブルーシートにくるまれた男性の遺体が見つかった。司法解剖の結果、遺体には右肩に刺された跡があり、田辺署内に捜査本部を設置して殺人・死体遺棄事件として調べを進めている。しかし、いまのところ犯人は捕まっておらず、地元からは「一日も早く犯人が逮捕されないと不安」という声も聞かれている。
 龍神村は清流日高川が流れる静かな地域。当初、住民の大半は「遺体は村外の人ではないか」と思っていたが、「村内の男性だった」と身元が判明すると、「まさか…」と大きな衝撃があった。被害者の近所の住民の一人は「隣近所はみんな家族みたいなもので、平和な村なのに…。とにかく残念」と無念さをにじませた。
 龍神村に限らず、日高地方のような片田舎は都会と比べれば凶悪犯罪の発生件数は少なく、昔は外出する時や寝る時でも鍵を掛けないという家庭も多かった。しかし、最近ではそういう家庭は少なくなったようで、犯罪に対する警戒が強くなっているといえる。残念なことだが、それだけ安心な暮らしが失われているということだろう。現実はどこでも凶悪犯罪が起きてしまう社会になったといえる。
 その理由を考えてみると、▽外貨を稼ぐために観光客らを呼び込むことで都会からの流入人口が増えた▽インターネットの普及で都会との情報格差がなくなった▽住民間の絆も薄れている――などが挙げられる。
 だからと言って、「治安の悪化は豊かな生活の代償。仕方がないこと」と、簡単に片付けてしまっていいものなのか。田舎の良さの一つが消えつつある。 (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより広いな~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る