日高地方も大雪

 全国的に記録的な大雪となった24日、日高地方も沿岸部を中心に約10㌢の積雪を記録するなど、一面銀世界となった。幸い転倒等によるけが人は出ていないが、高速道路は県内全域で通行止め。JR御坊駅発着の電車も運休や遅延が出るなどダイヤが乱れ、通勤ドライバーや乗客の足に影響が出た。一方、子どもたちは大はしゃぎで、校庭で雪遊びする姿がみられた。
 和歌山地方気象台によると、強い寒気が中国山地を越えて瀬戸内海で水分を補給して雪を降らせているため、和歌山県内では特に沿岸部での積雪が多いのが特徴という。日高地方では、川辺観測所で今冬4番目の寒さとなる最低気温マイナス0・5度を記録。3㌢以上の積雪は、平成26年2月14日以来3年ぶりだが、地域によっては数十年ぶりの積雪量となっている。
 大雪の影響で高速道路は南紀田辺―和歌山間が午前0時45分から全面通行止めが続いており、JR御坊駅発和歌山行き電車は上下線1本ずつが運休したほか遅れも出た。日高川町山野地内の県道御坊中津線では電柱が倒れ、全面通行止めとなった。御坊署によると、雪の影響で通勤時間帯等に6件の物損事故が発生した。
 交通網の乱れで給食の食材が配送できず、由良町や美浜町では午前中で授業を終えて帰宅する小中学校も。雪の影響で日高町内全小中学校、日高川町の一部小中学校で自宅待機となった。御坊市や印南町は通常通りで、日高地方で唯一の芝生グラウンドがある切目小学校では、10㌢ほど積もった雪に児童は大喜び。大きな雪だるまを作ったり、なかなか機会のない雪合戦で盛り上がっていた。5年生の真鍋琴奈ちゃんと村上歌音ちゃんは「寒いけど、めっちゃ楽しい」と笑顔がはじけていた。印南町島田の男性(73)は「こんなに積もるのは子どものとき以来」と興奮ぎみに話し、景色をビデオカメラで撮影していた。

関連記事

フォトニュース

  1. 来年秋は紀の国わかやま文化祭

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る