山吹さんがバレエ留学でロシアへ

 御坊市薗、シュウバレエスタジオ(小前大介代表)の山吹薫乃(ゆきの)さん(松原小6年)は、28日から2月28日までの1カ月間、ロシアの国立ノボシビルスクバレエ学校に留学する。昨年夏にはアメリカ・ワシントンのキーロフバレエ学校に留学しており、2度目の海外留学。バレエの本場ロシアへの留学に「精いっぱいのことを学んできたい」と胸を膨らませている。
 山吹さんは昨年4月のジャパンバレエコンペティション東京で1位と審査員特別賞を受け、キーロフへの留学資格を得た。6月末から1カ月余りの滞米を経て、帰国翌日に高松市でのバレエコンクールエキシビジョンにゲスト出演。審査員の1人でソリストの舞踊家・指導者として活躍、留学のコーディネーターを務めているアナトーリ・スタブロフさんがその踊りを見て、コンクールとは無関係に「ロシアで勉強してみませんか」と、ノボシビルスクバレエ学校への留学許可を与えたという。
 指導の小前さんは「帰国直後で疲れているだろうからやめにしたらといっていたのですが、山吹さん自身が出たいということで出演したエキシビジョンでした。結果的に、出てよかったですね」と話し、山吹さんは「2回目なので、前回に比べると不安よりも期待が大きいです。ロシア語はまったくわからないので語学面で不安はありますが、明るく乗り切りたいと思います。何より、本場でレッスンを受けられるのはとてもうれしいことです。本場だけにスタイルなど厳しい目でみられると思いますが、日本では学べないことも学べると思いますので、頑張ってきます」と張り切っている。

関連記事

フォトニュース

  1. みんな海をきれいにね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る