工業教育研究発表大会 田中君が最優秀賞

 県内の5つの工業系学科設置高校の生徒らが学校で取り組んだ課題や研究の成果を発表する第33回工業教育研究発表大会が19日に田辺市の紀南文化会館で開かれ、作文部門で紀央館の田中準君(3年)が、同校初となる最優秀賞を受賞。ポスターセッション部門では同校の計(はかり)隼弥君、玉置皓平君(いずれも3年)が研究賞に選ばれた。
 紀央館のほか和歌山工業、紀北工業、箕島、田辺工業の5校から生徒ら650人が参加。
 作文は高校生活で感じたことなどをまとめ、内容や発表の仕方などが評価される。田中君は「工業LIFE」と題し、自身の3年間を紹介。内容は、2年生に上がったころ、ある企業に魅力を感じ就職したいと思うようになった。それからは気持ちを改め、授業を真剣に受け、資格取得にも取り組み、第二種電気工事士に合格。3年生になると生徒会長も務め、就職試験では目標だった企業に見事合格した。
 このことから「頑張れば頑張った分だけ自分に返ってくることを学んだ」とし、「将来何か困難なことが起こっても、前向きに頑張っていけると思う」と締めくくった。
 内容に加え、全文を暗記して堂々と発表したことなどが評価された。受賞に際し「発表の仕方など、先生に付き添って指導していただいた成果を出すことができてうれしいです。自信はありましたが、最優秀賞には驚いています」と話している。平成15年の校名変更以降では、初の最優秀賞となった。
 ポスターセッション部門には23組が参加。取り組みをまとめたポスターの前で説明し、計君と玉置君は、生徒7人で取り組んできた鉄板を使った恐竜プテラノドンの模型作りを紹介。会場に実際の模型を展示し、来場者に溶接や頭のバランスなど難しかった部分や工夫したことを説明した。

関連記事

フォトニュース

  1. 日高の魅力をPRします!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る