工業教育研究発表大会 田中君が最優秀賞

 県内の5つの工業系学科設置高校の生徒らが学校で取り組んだ課題や研究の成果を発表する第33回工業教育研究発表大会が19日に田辺市の紀南文化会館で開かれ、作文部門で紀央館の田中準君(3年)が、同校初となる最優秀賞を受賞。ポスターセッション部門では同校の計(はかり)隼弥君、玉置皓平君(いずれも3年)が研究賞に選ばれた。
 紀央館のほか和歌山工業、紀北工業、箕島、田辺工業の5校から生徒ら650人が参加。
 作文は高校生活で感じたことなどをまとめ、内容や発表の仕方などが評価される。田中君は「工業LIFE」と題し、自身の3年間を紹介。内容は、2年生に上がったころ、ある企業に魅力を感じ就職したいと思うようになった。それからは気持ちを改め、授業を真剣に受け、資格取得にも取り組み、第二種電気工事士に合格。3年生になると生徒会長も務め、就職試験では目標だった企業に見事合格した。
 このことから「頑張れば頑張った分だけ自分に返ってくることを学んだ」とし、「将来何か困難なことが起こっても、前向きに頑張っていけると思う」と締めくくった。
 内容に加え、全文を暗記して堂々と発表したことなどが評価された。受賞に際し「発表の仕方など、先生に付き添って指導していただいた成果を出すことができてうれしいです。自信はありましたが、最優秀賞には驚いています」と話している。平成15年の校名変更以降では、初の最優秀賞となった。
 ポスターセッション部門には23組が参加。取り組みをまとめたポスターの前で説明し、計君と玉置君は、生徒7人で取り組んできた鉄板を使った恐竜プテラノドンの模型作りを紹介。会場に実際の模型を展示し、来場者に溶接や頭のバランスなど難しかった部分や工夫したことを説明した。

関連記事

フォトニュース

  1. はいOK、大丈夫で~す

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る