みなべで津波避難センター起工

 みなべ町津波避難センターの起工式が21日に同町気佐藤の現地で行われ、工事関係者ら約30人が待望の施設の完成へ向けて安全を祈願した。鉄筋コンクリート3階建てで敷地面積は約500平方㍍。500人程度まで収容でき、避難困難地区(気佐藤、千鹿浦、南道)の解消に期待されている。完成は9月末の見込み。
 場所は国道424号沿いで、古川をまたぐ下川原橋の近く。周辺では、南海トラフ地震による津波の最大浸水は約2㍍とされている。1階部分は浸水も考えられるが、2階の床部分は地上5㍍、屋上で9㍍の高さがある。風雨がしのげる壁や屋根などのあるビル型の施設で、普段は研修所として利用する方針。2階には150人を収容できる避難所、多目的室、トイレ、給湯室等。3階には350人が収容できる避難所、備蓄倉庫。備蓄倉庫には食料や飲料水、毛布などを常備する。事業費は約2億5000万円。
 起工式では、須賀神社(西本庄)の前芝弘知宮司が神事を執り行い、安全を祈願した。式のあと、小谷芳正町長は「避難困難地区を解消する1次避難場所となる。2次避難場所の防災広場も東吉田地内で進めている。普段は地域住民の研修の場として活用してもらいたい」とあいさつ。竹本栄次議長は「場所の選定で紆余曲折があったが、ようやく待望の起工式を行うことができた」、施工する㈱南部建設の池田裕仁社長は「地域住民の期待を実感している。防災のシンボル施設となることを願っている」とそれぞれ述べた。

関連記事

フォトニュース

  1. おはよ~さ~ん

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る