日高川ノーカ女子会がドライ野菜の商品開発

 日高川町で農業に携わる女性でつくる日高川町ノーカ女子会(藏光綾子会長)は、地元の特産野菜や果物を乾燥させたドライフルーツ・ベジタブルを試作。乾燥させただけでなくドーナツやチュロスに練り込んだ商品も開発しており、2月5日に農改センター周辺で開かれる第11回農業祭で販売。同会では「作物の新しい使い方を知ってもらいたい」と話している。
 ノーカ女子会は若手農家女子が集まって生産、加工、販売に関する情報を共有して農業の向上に貢献しようと、平成27年に発足。メンバーは6人。定期的に講習会や研修会を開いている。
 研修では、地元作物をその時々の流行の方法で調理しており、昨年4月からはひそかなブームとなっているドライフルーツ・ベジタブルに着目。数時間でドライ状態に出来る乾燥器を使って果物や野菜など20種類を試作。ドライにすることで保存がきくようになり、季節外の作物が提供できるようになるほか、味が凝縮され濃くなることを確認。味が良かったものを商品にし、カキやイチジク、ミカンはそのままドライフルーツとして、ゴーヤやミニトマトは細かくしてチュロスに。ドライミニトマト入りのコンソメスープも試している。
 これらの商品は農業祭でブースを設けて販売。藏光会長は「チュロスは味が強すぎず、さわやかな感じに仕上がりました。乾燥させることでゴーヤなど季節でない作物も商品にできるようになりました」と話し、今後同会として農業祭以外での販売は考えていないが「これからも種類を増やし、地元の野菜や果物を広めていくとともに、多くの人に新しい利用方法を知ってもらえれば」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. う~ん、とってもボタニカル

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る