有意義な休みで公私充実

 師が走り、年が明けて早くも半月。消防の出初め式があり、成人式、十日えびす、鏡開きと1月の恒例行事が過ぎていく。「1月いぬる、2月逃げる、3月去る」という言葉があるように、正月から3月まではあっという間。気付いたときには春になっていて、そうこうしているうちに夏になり、もう秋かと思ったら冬だった。平穏無事とも言えるかもしれないが、なんとなく過ぎた一年にはしたくない。
 2017年は昨年に比べて祝日で仕事が休みになる日が4分の1減る――カレンダーを眺めながら嘆いている友人。なんのことかというと、ことしは土曜日と重なる国民の休日が4日あり、「週休2日で土日が休み」といった土曜休みの人にとっては、その4日分の休みがふいとなる。学校もそう。そんな「悲しい現実」に気付いていた人はどれくらいいるだろうか。
 カレンダーを見ると2017年の祝日のうち土曜日と重なるのは2月11日「建国記念の日」、4月29日「昭和の日」、9月23日「秋分の日」、12月23日「天皇誕生日」の合計4日。国民の休日は現在1年に16日あり、昨年は土曜日と重なる祝日がなかったため、一般にいわれる週休2日の人にとっては、単純計算で祝日による休みは4分の3になる。
 土曜日に日曜日付の新聞を発行している私たちを含め、土曜日が仕事の人にとってはプラスマイナス0。むしろ連休が増え、うれしくも思える。社内で話題になったときも女性社員が喜んでいた。また、うちの会社では年次有給休暇の取得も促進されている。仕事はもちろんとして、一日ゴロゴロするだけの休日を、有意義な休みにあらため、公私とも充実した一年にしたい。  (笑)

関連記事

フォトニュース

  1. 揺れる火に思いを込めて

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  ホラー、怪談、恐怖小説、怪奇小説、スリラーなどいろいろ類語はありますが、私はやっぱり日本古来の怪談…
  2.  代表作の「青の炎」や「悪の教典」で今や誰もが知っている人気のホラー作家貴志祐介。デビューから1年目…
  3.  ひとりかくれんぼとは、もともと関西・四国地方において、「コックリさん」と共によく知られる遊びであっ…
  4.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  5.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
ページ上部へ戻る