岸和田SAでみなべの梅林PR

 みなべ町の南部梅林(晩稲)が28日、岩代大梅林が来月4日にそれぞれ開園するのに伴い、両観梅協会や観光関係者らは誘客活動に積極的に取り組んでいる。大阪の岸和田サービスエリアでゆるキャラのプララも登場してチラシなどでPRし、新聞や雑誌のメディアに対してもプレスツアーを実施。日本一の梅どころの魅力を広く発信している。
 みなべ観光協会、梅の里観梅協会、岩代大梅林観梅協会は14日に岸和田のサービスエリア(下り)で両梅林のチラシ、観光パンフレット、PR用梅干し(1粒入り)をセットにして1000部配布。100部は「当たり」として梅林の無料招待券も添えた。受け取ったドライバーからは「昨年も行ったよ」「ことしはぜひ行きたい」などという声も聞かれた。
 プレスツアーは12・13日に実施。みなべ観光協会や県観光連盟などが主催し、名古屋から九州までの新聞や雑誌関連の11社を招待。南部梅林と岩代大梅林を案内し、魅力を伝えた。うめ振興館、紀州備長炭振興館などにも立ち寄った。関係者は「メディアで記事にしてもらえばPR効果は大きい。誘客につながる」と期待している。
 南部梅林は「一目百万、香り十里」で知られ、毎年京阪神などから大勢の観梅客が訪れる。期間中は紀州梅林太鼓(2月4日)、梅酒コレクション(2月11日)、梅料理キャンペーン(同)、梅の種飛ばし大会(19日)など多彩な催しを企画。3万人の来年を見込んでいる。
 岩代大梅林は高台から広がる満開の梅畑が絶景で「日本一の大パノラマ」がキャッチフレーズ。来園者の目標は1万人で、期間中にひかり保育園児によるよさこい鳴子踊り(2月4日)、ご当地アイドル「Fun×Fam」Live(2月11日)、日高地方特産市(同)、芸能まつり(12日)、ミニ音楽祭(18日)、よさこい梅花見祭(19日)など企画。

関連記事

フォトニュース

  1. 前から失礼いたします

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る