節目のしきたりに気分一新

 正月の楽しみの一つといえば元旦から届く年賀状。いまは会うことができなくなった友人からの便りなどを見ると昔の思い出が蘇ってくるし、はがきに一言でもメッセージがあれば一層心が温まる。しかしその年賀はがきが年々減少しているという。平成15年のピーク時には44億6000万枚の製造枚数だったが、昨年は28億5000万枚と4割近く減少した。背景にはメールの普及などがあるという。
 年賀状だけでなく、正月自体の過ごし方も昔とは随分と変化した。最近は子どもたちがたこ揚げで遊んでいる光景もあまり見なくなったし、親戚が集まってにぎやかに食事するという家庭も減ったのではなかろうか。しめ縄や門松を飾ることも珍しくなり、もちをついたりおせち料理をつくったりすることも少なくなっているように思う。今月7日は人日(じんじつ)の節句だったが、セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラなどを入れた七草粥を食べたという読者も結構少ないのではないだろうか。現代ではそうした行事が簡素化されてきているため、「新年を迎えた」という実感は昔ほど感じなくなったのかもしれない。
 おせち料理、七草粥などは節目に行われる伝統的なしきたり。これらを行ったからといって目に見える実質的な効果はないに等しいが、過去を振り返ったり未来を見据えたりするきっかけになる。いままでを反省したり、気分を入れ替えて物事を新しく取り組んだりする機会にはなる。
 ことしも年明けから2週間が経過したが、旧正月は今月の28日。気分を一新する節目として、何か新しいことに挑戦してみる年にしてみてはどうか。   (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. けっこう体力使います

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る