人間関係よくするテク

 年末、電車で大阪に行く機会があったので車中、メンタリスト DaiGoの本を読んだ。タイトルは「ワンコイン心理術~500円で人のこころをつかむ心理学~」。文字通り500円という安さで、帰省や行楽客で込み合う電車でも気軽に読めそうと購入してみた。
 著者紹介では、人の心を読み、操る「メンタリズム」を駆使する日本唯一のメンタリストとある。バラエティー番組では、自分の思いのままに指定したカードを引かせたり、好きな色を当てたりを実演しているのをよく見かけるが、本当のところはマジックでタネか仕掛けがあるのではと疑ってしまうこともあった。本を読んでいくと〝タネ〟(相手心理を読む)の部分が「なるほど」と理解できた。「頼みにくいお願いでもカンタンにYESを引き出す方法」など仕事にも役立てられそうなテーマから、「恋人や夫婦間で、ケンカをしてしまったときの関係修復法」「詐欺師に騙される心理と、騙されないためのコツ」など普段の生活に生かせそうな内容まで多彩な構成で、価格以上に楽しめる一冊だった。
 妻を相手に、妻が引いたカードを当てるゲームでメンタリズムを試してみた。こちらが発する言葉にドキッとするか、視線はどうか、手や顔の筋肉の動き、じっくりと観察してみると微妙な違いに気が付き、7、8枚の中から見事にそのカードを当てることができた。訓練しだいでその確率は上げられそうである。
 「人の心を読み、操る」というと嫌な感じだが、「相手をよく知り、円滑にコミュニケーションを図る」と言い換えればメンタリズムは人間関係をよくするのに有効なテクニック。カードゲーム以外でも実践してみよう。  (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. これで初日の出も安全

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る