人間関係よくするテク

 年末、電車で大阪に行く機会があったので車中、メンタリスト DaiGoの本を読んだ。タイトルは「ワンコイン心理術~500円で人のこころをつかむ心理学~」。文字通り500円という安さで、帰省や行楽客で込み合う電車でも気軽に読めそうと購入してみた。
 著者紹介では、人の心を読み、操る「メンタリズム」を駆使する日本唯一のメンタリストとある。バラエティー番組では、自分の思いのままに指定したカードを引かせたり、好きな色を当てたりを実演しているのをよく見かけるが、本当のところはマジックでタネか仕掛けがあるのではと疑ってしまうこともあった。本を読んでいくと〝タネ〟(相手心理を読む)の部分が「なるほど」と理解できた。「頼みにくいお願いでもカンタンにYESを引き出す方法」など仕事にも役立てられそうなテーマから、「恋人や夫婦間で、ケンカをしてしまったときの関係修復法」「詐欺師に騙される心理と、騙されないためのコツ」など普段の生活に生かせそうな内容まで多彩な構成で、価格以上に楽しめる一冊だった。
 妻を相手に、妻が引いたカードを当てるゲームでメンタリズムを試してみた。こちらが発する言葉にドキッとするか、視線はどうか、手や顔の筋肉の動き、じっくりと観察してみると微妙な違いに気が付き、7、8枚の中から見事にそのカードを当てることができた。訓練しだいでその確率は上げられそうである。
 「人の心を読み、操る」というと嫌な感じだが、「相手をよく知り、円滑にコミュニケーションを図る」と言い換えればメンタリズムは人間関係をよくするのに有効なテクニック。カードゲーム以外でも実践してみよう。  (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. なかなか上手やん

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 第23回日高町ふれあい祭

    11月 16 @ 12:00 AM - 11月 17 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る