業務スーパー&よってって美浜店 来客500万人を突破

 美浜町田井の㈱プラス(本社・田辺市、野田正史代表取締役)が運営する「業務スーパー&産直市場よってって美浜店」は5日、来店者数が500万人を突破した。平成15年3月のオープンから約14年。近所に住む家族連れら3組、5人の客が500万人目のレジ通過となり、店から記念品として、店で販売されている地元産品の詰め合わせが贈られた。
 ㈱プラスは生産者と消費者の橋渡し役となって地産地消を推進、和歌山県と大阪府、奈良県に計11店の産直市場よってって、和歌山県内に6店の業務スーパー&産直市場よってってを展開。日高地方には業務スーパー&産直市場よってって美浜店のほか、御坊市藤田町吉田に産直市場よってってごぼう店がある。
 業務スーパー&産直市場よってって美浜店は、正月三が日を除いて年中無休。地域の農家など登録生産者が作る野菜や季節の果物、出店事業者の精肉、鮮魚が人気を集め、新鮮で安心、安い商品を求める客でにぎわっている。
 記念すべき500万人目の客となったのは、店の近くに住む田渕夏希さん(12)と晴樹君(9)の姉弟ら家族、御坊市湯川町小松原の主婦小竹幸子さん、御坊市薗の北山成数さん(82)の3組5人。村本光隆店長(41)ら店のスタッフから地元産の干物、野菜、牛肉などの詰め合わせと3000円分のよってっての商品券がプレゼントされた。
 小竹さんは「いつも乾物や黒豆などを買いに来てますが、私がまさか500万人目になるとはびっくり。こんなに記念品もいただいてラッキーです」と笑顔。村本店長は「当店が500万人目のお客さまをお迎えできたのも、ひとえにお客さまと納品していただいている生産者の皆さまのご協力のおかげです。これからもより一層、地域に必要とされる店づくりに、従業員一同頑張っていきたいと思います」と話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. いまが見頃です

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る