御坊市のファミサポ開設準備進む

 ことし秋のオープンへ向けて御坊市が取り組んでいるファミリーサポートセンターの運営の核となるスタッフ会員が、本年度は27人が登録し、順調な滑り出しとなっている。来年度は夏ごろにスタッフ会員養成講座を開講する計画で、目標の50人を確保したい考え。利用会員の募集も夏ごろを予定しており、子育て世代をサポートする注目の拠点づくりは着々と進んでいる。
 ファミリーサポートセンターは、子育て世代の仕事と育児の両立を支援する拠点となる。例えば保育所への送迎、学校の放課後や学童保育終了後の子どもの預かり、保護者の病気や急用時、買い物などで外出する際に子どもを預かるなど、多様なニーズに対応する。実際に送迎などを行う人はスタッフ会員、依頼する側は依頼会員にそれぞれ登録。サポートセンターのアドバイザーが依頼を受け付け、スタッフ会員とのマッチングを行うシステム。御坊市では、耐震補強工事が完了した御坊小学校北校舎1階にファミリーサポートセンターを開設することにしている。
 ファミサポ運営に欠かせないスタッフ会員は、スタートまでに50人を確保するのが目標。24時間の講習を受講しなければスタッフ会員に登録できないため、市では本年度に養成講座を開講し市内外の男女30人が受講した。このうち27人がスタッフ会員に登録を済ませており、来年度夏に開講予定の養成講座で50人に達するようPRしていく。養成講座の受講対象は一時保育経験者、保育士、看護師、ヘルパー等の有資格者、子育て経験のある人ら。
 夏には利用会員も募る計画。料金設定など具体的なことは今後煮詰めていく。市社会福祉課では「子育てを地域で支え合う活動です。スタッフ会員、利用会員とも多くの人に登録してもらえるよう、オープンに向けて準備を整えていきたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 春告げるツクシがニョキッ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る