肺炎予防もうがいと手洗い

 昨年末に肺炎にかかったが、微熱、血痰、寝汗が続き、まだすっきりと治らない。完治するまで1週間から数週間かかる病気なので、当然と言えば当然だが、安静にしなければならないところを無理して仕事をしていたのがたたったのかもしれず、この辺は新年早々から反省点。無理をして無駄に病気を長引かせるよりも、休む時はしっかりと休んで治療に専念した方がいいと実感している。
 肺炎と言えばその昔、豊富に食べ物がなく栄養不足の人が多かった時代の病気にも思えるが、2015年の調査によると、国内死亡原因が1位のがん、2位の心疾患に続いて3位で、まだまだ多い病気で注意が必要だ。
 肺炎は原因となる病原体によって大きく分けて細菌性肺炎(肺炎球菌等)、ウイルス性肺炎、マイコプラズマ肺炎、真菌性肺炎の4つ。うち肺炎球菌に伴う肺炎やインフルエンザ肺炎、SARS、マイコプラズマ肺炎は感染する。感染経路は、咳などの飛沫(ひまつ)のほか、空気に浮遊している病原体を吸い込む空気感染もある。
 予防方法は、かぜと同じでうがい、手洗い、マスクの着用。口腔内での細菌繁殖を防ぐため、食後の歯磨きも効果がある。また、免疫力が低下すると感染しやすくなるので、体を鍛えて抵抗力を付けることも大切。あと、肺炎球菌による肺炎の予防ならワクチンを接種することで、8割以上が防止できる。高齢者は肺炎が命に関わる病気でもあるので、予防接種を受けるのも一つの手。1度接種すれば5年ぐらいは効果が持続するらしい。
 これからかぜやインフルエンザが流行する季節。重症化して肺炎になることもあるため、予防対策は万全に。 (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. う~ん、とってもボタニカル

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る