肺炎予防もうがいと手洗い

 昨年末に肺炎にかかったが、微熱、血痰、寝汗が続き、まだすっきりと治らない。完治するまで1週間から数週間かかる病気なので、当然と言えば当然だが、安静にしなければならないところを無理して仕事をしていたのがたたったのかもしれず、この辺は新年早々から反省点。無理をして無駄に病気を長引かせるよりも、休む時はしっかりと休んで治療に専念した方がいいと実感している。
 肺炎と言えばその昔、豊富に食べ物がなく栄養不足の人が多かった時代の病気にも思えるが、2015年の調査によると、国内死亡原因が1位のがん、2位の心疾患に続いて3位で、まだまだ多い病気で注意が必要だ。
 肺炎は原因となる病原体によって大きく分けて細菌性肺炎(肺炎球菌等)、ウイルス性肺炎、マイコプラズマ肺炎、真菌性肺炎の4つ。うち肺炎球菌に伴う肺炎やインフルエンザ肺炎、SARS、マイコプラズマ肺炎は感染する。感染経路は、咳などの飛沫(ひまつ)のほか、空気に浮遊している病原体を吸い込む空気感染もある。
 予防方法は、かぜと同じでうがい、手洗い、マスクの着用。口腔内での細菌繁殖を防ぐため、食後の歯磨きも効果がある。また、免疫力が低下すると感染しやすくなるので、体を鍛えて抵抗力を付けることも大切。あと、肺炎球菌による肺炎の予防ならワクチンを接種することで、8割以上が防止できる。高齢者は肺炎が命に関わる病気でもあるので、予防接種を受けるのも一つの手。1度接種すれば5年ぐらいは効果が持続するらしい。
 これからかぜやインフルエンザが流行する季節。重症化して肺炎になることもあるため、予防対策は万全に。 (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 傘差しや並進はせんといてね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る