平成28年回顧 御坊市長選が全国的話題に

 リオ五輪の日本勢の大活躍、熊本地震、オバマ大統領の広島訪問など、さまざまなニュースが駆け巡ったこの1年。日高地方は全国的に注目を集めた5月の御坊市長選、8月の自民党役員人事で二階俊博衆院議員が幹事長に就任など、政治ニュースが大きな話題となった。スポーツでは、9月の全日本ジュニア柔道体重別選手権で印南町出身の久保井仁菜さんが優勝。社会ニュースでは8月に印南町のコンビニで強盗未遂事件が発生、御坊市の日高港で起きた水木しげるの妖怪像「高女(たかおんな)」の盗難・損壊事件が大手メディアに取り上げられた。希望に満ちた新年を願って、平成28年を振り返る。
 2月 任期満了に伴う印南町長選の投開票が7日にあり、現職の日裏勝己氏が元町職員の新人湯川和幸氏を破り、2期目当選を決めた。
 3月 御坊市の湯川中学校の校舎、体育館の新築を祝う落成記念式典が19日行われ、来賓、生徒、保護者ら約200人が待望の新校舎完成を喜んだ。
 4月 日高川町和佐に学校法人南陵学園が運営する和歌山南陵高校が開校した▽任期満了に伴う由良町長選が19日告示され、現職畑中雅央氏の無投票3選が決まった。
 5月 注目の御坊市長選の投開票が22日行われ、現職柏木征夫氏が新人二階俊樹氏に3000票以上の大差をつけて勝利。7期目当選を果たした。選挙期間中は連日、現職閣僚ら二階氏を応援する大物政治家が御坊に入るなど盛り上がりをみせ、投票率は前回より約20?上昇の78・10%を記録した▽御坊署は23日、猫をビニール袋に入れて海に投げ捨て、死なせたとして、御坊市塩屋町に住む80代の無職の男を動物愛護法違反の疑いで和歌山地検に書類送検した。
 6月 御坊市藤田町北吉田区の舞妃蓮の池に、地元住民有志でつくる北吉田・蓮保存会(佐竹成公会長)が整備を進めていた「舞妃蓮の郷・蓮公園」が完成した。
 7月 硬式野球ボーイズリーグ、和歌山御坊/ジュニアタイガースの中田惟斗投手(御坊中3年)と小野寺優斗捕手(明洋中3年)が世界大会の日本代表に選ばれた▽東京の両国国技館で31日開かれたわんぱく相撲全国大会小学4年生の部で、野口小学校の杉本智斗勢君が準優勝と活躍した。
 8月 3日行われた内閣改造・自民党役員人事で、県3区選出の二階衆院議員が幹事長に就任。県選出参院議員の世耕弘成氏は経済産業大臣、鶴保庸介氏は沖縄・北方担当大臣に就任した▽東京ドームで開かれた全日本中学野球選手権大会ジャイアンツカップで、和歌山御坊ボーイズ/ジュニアタイガースが準決勝まで進出。2年ぶり2度目の出場で堂々の3位入賞を果たした▽御坊市の日高港のSioトープにある妖怪像「高女」の石像がなくなった。御坊署の捜査により、高女がすぐ近くの海に沈んでいるのが見つかり、後日、同市内の男子高校生が飛び蹴りして壊し、海へ捨てたことも判明した▽印南町西ノ地のコンビニで19日未明、刃物を持った若い男が店員を脅し、現金を要求する強盗未遂事件が発生。男は徒歩で逃走し、現在も捕まっていない▽みなべ町東本庄出身のシンガーソングライター川島ケイジさんが、大手のユニバーサルミュージックからデビュー。10月には紀南文化会館で記念コンサートを行った。
 9月 埼玉県で開かれた全日本ジュニア柔道体重別選手権大会で、印南町西ノ地出身で京都文教高校1年の久保井選手が女子44㌔級で優勝。見事、全試合一本勝ちで初の日本一に輝いた▽任期満了に伴うみなべ町長・町議同時選が27日告示され、町長選は現職の小谷芳正氏が無投票で3選を決めた。
 10月 御坊市藤田町吉田で13日夕方、木造2階建ての民家が全焼する火事があり、焼け跡からこの家に住む74歳の女性が遺体で発見された。
 11月 日高川町の川辺、中津、美山、印南町の印南の4つの森林組合が統合して1日、「紀中森林組合」が発足した▽日本陸上競技連盟が指定する2020年東京五輪での活躍が期待される「U19オリンピック育成競技者」に、ハンマー投げの日高高校3年、桑原翠さんが選ばれた。
 12月 御坊市湯川町財部で5日早朝、鉄骨2階建ての店舗兼住宅の1階部分が全焼する火事があり、焼け跡からこの家に住む80歳の男性と、81歳の男性の妻が遺体で発見された▽和歌山高専物質工学科の楠部真崇准教授が、「タイタニック」などで知られるハリウッドの巨匠、ジェームズ・キャメロン氏らとともに、マリアナ海溝の深海から新種のバクテリアを発見した▽御坊市の国保日高総合病院で、病院スタッフが入院患者に暴言を吐いたりナースコールに適切に対応しないなどの行為があったことが、26日の病院経営事務組合議会の中で明らかになった。

関連記事

フォトニュース

  1. 気持ちよく踊れました

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る