新しい挑戦の酉年に

 いよいよことしも残すところ3日。過ぎてみれば毎年あっという間の1年だったと振り返るが、ことしは特別早かった。41年の人生の中でもダントツで、息つく暇もないくらいだったが、それだけ公私ともに充実していたといえるだろう。半面、忙しさにかまけておろそかになったこともたくさんあった。突っ走っているときは見えないことも、落ち着いて振り返れば反省点がよく見えてくる。1年の終わりに立ち止まってじっくり振り返ってみるのもいい。読者の皆さんはどのような1年だったでしょうか。
 反省ばかりでなく、よかったこともいろいろあったろう。筆者のことし1年を言葉で表すと「経験」だろうか。字のごとくことしはさまざまなことを体験させてもらった。ことし前半の半年間を費やした御坊市長選の取材もいい経験となったが、初めてという点で最も印象に残ったのはニューヨーク出張である。国連本部、タイムズスクエア、セントラルパーク、五番街、9・11で倒壊したワールドトレードセンターの跡地など。どれもこれもテレビやネットで見るのとはわけが違う。自分の目で見たからこそ忘れられない景色、感じられる空気、こみ上げてくる感情がある。すべては経験がものをいう。
 さて、3日後には2017年がやってくる。個人的にはことしよりも時間に余裕ができる1年になりそうだ。来年はどんな新しい出会いや経験が待っているのか、考えるだけでいまから楽しみである。いや、待っていてはダメか。いろんなことに自分から挑戦しなければ何も生まれない。貴重な経験をさせてもらったことしを踏まえ、来年は何か一つでも新しいことに挑戦する1年にしたい。
       (片)

関連記事

フォトニュース

  1. やにこうおいしいよ~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る