日高高校SGH ミャンマー派遣生徒が帰国

 日高高校(上田優人校長)の生徒9人は12日から17日までの6日間、スーパーグローバルハイスクール(SGH)の一環でミャンマーを訪れた。現地では地元御坊市の企業、紀南電設㈱とJICA(国際協力機構)の無電化地域への太陽光パネルによる電力供給の取り組みを見学。生徒たちは地元企業の世界での活躍に「地域に誇りを感じた」と話している。
 電力供給は紀南電設などが平成26年から進めている取り組み。ミータイ村とアタヤゥン村の約350軒を対象にソーラーパネルで発電し、電力を供給しているプロジェクト。事業期間はことし12月31日まで。
 生徒らはミータイ村を見学。事業はほぼ完了しており、各家庭に電気が供給されている様子を見たほか、同行した同社従業員から取り組みについて説明を受けた。生徒の1人、森本みゆきさんは「事前学習はしていましたが、実際行ってみると日本の弥生時代のような家がたくさんあり驚きました。道路には石があり、また毒蛇も出るようですので、街灯や薬を保管する冷蔵庫など電気の大切さを実感。こういった重要な国際協力プロジェクトに身近な企業が加わっていることを誇りに感じました」と話している。
 このほかヤンゴン市や外国企業が進出しているティラワ経済特別区などを見学したほか、ヤンゴン市のカマユ第2高校生との交流も行った。生徒たちは「都市部と村では貧富の差を感じた」「アジア最後のフロンティアと呼ばれるミャンマーの経済成長を目で見て実感できた」「多民族国家なのでさまざまな人が暮らしていた」「村では男性優位な感じがした」などと感想を話していた。
 SGHでの海外派遣はミャンマーが最後。これまでインドネシアとカナダにも生徒を派遣している。
 ミャンマー派遣メンバーは次の皆さん。
 土井卓真、田口遼、森本みゆき、橋本和奈、角田梨花(以上2年)、東直季、上平裕次郎、津井田泰信、狩谷朱音(以上1年)

関連記事

フォトニュース

  1. お年寄りはどこがいい?

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る