松尾貴臣さんが御坊でホスピタルライブ

 車1台で全国の病院や福祉施設を回っている音楽活動家で、シンガーソングライターの松尾貴臣さん(37)=千葉市=が20日、日高地方を訪れ、老人福祉施設で「ホスピタルライブ」を開いた。歌の力で日本を元気にしようと9年前から都道府県ツアーを開催。お年寄りらを前に歌声を響かせ、生の音楽演奏という非日常のハッピーを届けた。
 松尾さんは長崎市生まれ。千葉大学大学院在学中にCDデビューし、平成19年から自身のキャラバンカーで全国ツアーを開催。年間300本以上のライブを行い、地道に販路を開拓しながら「全国唄覇(しょうは)」を達成した。翌20年にマネージメント会社を設立し、本業の傍ら音楽を通じた社会貢献活動として、全国の病院や福祉施設で「ホスピタルライブ」を展開。これまでの公演回数は2000回を超えている。
 日高地方へは昨年の夏以来2度目。御坊市の日高博愛園デイサービスホールでは利用者ら約100人を前に、はかま姿でギターを持って登場した。ライブは中島みゆきの「糸」で始まり、続いてオリジナルの応援ソング「ちばりよー」を熱唱。沖縄の方言で「頑張れ」という意味のタイトル通り、聴く人を激励する歌詞を伸びやかな歌声に乗せた。唱歌「ふるさと」のあと、自身の「へんぺいそく」「喜びの歌」を披露。アンコールで美空ひばりの「川の流れのように」をうたい、「また会いましょう」と爽やかに笑顔を見せた。利用者らも手拍子を打ち、1曲1曲に大きな拍手。終始にこやかな表情で、年末の楽しいひとときを過ごした。
 この日は博愛園のほか、御坊市のケアビレッジ御坊、印南町のカルフール・ド・ルポ印南を訪問。「生の音楽を届けることで非日常を感じてもらいたいと思っています。これからも頑張ります」と話し、21日は和歌山市内の施設を訪れた。

関連記事

フォトニュース

  1. ぜひ皆さんで食べてください

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  2. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…
  3. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  4. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  5. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る