和高専の楠部准教授ら 新種のバクテリア発見

 和歌山高専(角田範義校長)物質工学科の楠部真崇准教授(39)=和歌山市=が、映画「タイタニック」「アバター」などで知られる監督ジェームス・キャメロン氏らとともに、マリアナ海溝で新種のバクテリアを発見した。新薬開発へもつながる可能性がある発見とともに、ハリウッドの巨匠との共同作業に「大変光栄」と感無量。研究には同校学生だった現大学院生の谷川公実子さん(23)=みなべ町出身=も活躍した。
 キャメロン氏は監督としてだけでなく冒険家としても知られ、2012年に米国の海洋研究所と一緒に地球上で最も深いマリアナ海溝のチャレンジャー海淵(かいえん)で潜航調査を実施。同年、楠部准教授は客員研究員として同研究所に派遣され、キャメロン氏らが採取してきた「深海ヨコエビ」に付着したバクテリアなどの調査を担当。派遣期間の1年間で、新種のバクテリアの存在を発見。和高専に持ち帰ってからは学生の卒業研究のテーマとし、当時5年生の谷川さんが担当。世界で最も圧力を好み、低温で生きるなどの特性を分析した。楠部准教授はそれらの研究を論文にまとめ、11月に海外の科学誌で公表された。
 楠部准教授は、子どものころキャメロン氏が手掛けた深海映画「アビス」(1989年)に魅了された一人。憧れの存在との共同作業に「雲の上の存在の方と一緒にできてとても光栄です」と喜び、「今回の発見をはじめ、深海の魅力を多くの子どもたちに伝えていきたい」と話している。谷川さんも「この研究が新薬や新たな殺菌技術につながれば」と喜びを話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 傘差しや並進はせんといてね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る