ノロウイルスが流行

 ノロウイルスが全国で猛威をふるっている。11月28日から12月4日までの1週間の患者数は5万4876人。全国に約5000カ所ある定点医療機関の1カ所当たりの感染性胃腸炎患者は17・37人。患者は11月から急増しており、例年より早く流行が始まっている。全国的には、感染拡大防止の観点から冬の風物詩である「もちつき」を禁止したり、やめるよう推奨しているところもあるという。
 筆者も過去に感染性胃腸炎にかかったことがあるが、思いのほか辛かったことを覚えている。熱や腹痛があったが、大変なのは嘔吐だ。飲み物でも食べ物でも少しでも口にすると数分後に気分が悪くなり、吐きだしてしまう。食事ができないので、少しでも栄養をつけようと飲んだドリンク剤もすべて出てしまう。水分をとらなかったせいか頭痛も出てきたことを覚えている。
 ノロウイルスの感染経路はカキやシジミなどの二枚貝を生や不十分な加熱調理で食べた場合、感染者の便や吐物に触れた手から口に入る場合、乾燥した便や吐物から空中に浮遊したノロウイルス粒子を吸い込んだ場合など。空気感染はマスクなどで対処するしかないが、感染の可能性は低いとのこと。感染の主なルートは、やはり手指を介してなのだろう。
 ノロウイルス対策としては、風邪予防などで使うアルコール消毒は効果がないとのこと。有効なのは手洗いで、流水で15秒洗うだけで洗わない状態と比べて約1%までウイルス数を減らすことができ、石鹸洗いを加えれば0・001%まで減らすことが可能。ことしは例年以上に猛威をふるっているとのことなので、さらに対策を徹底するよう心がけよう。(城)

関連記事

フォトニュース

  1. より安全、快適になりました

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る