世耕経産大臣 日露首脳会談の成果強調

 世耕弘成経済産業大臣(ロシア経済分野協力担当大臣)が18日、日高町などで国政報告会を開き、先の日露首脳会談で合意された北方4島での共同経済活動について、「2島ではなく4島で、(今後協議が始まる)新たな法制度の下で経済活動を進めることは、ロシアにとって大きな譲歩。平和条約締結に向けた重要な一歩となった」と成果を強調した。80件の具体的プロジェクトも「必ずペイできるものしか選んでいない」とし、いわゆる「食い逃げ論」の懸念を否定した。
 日高地方の支持者にとっても、今回の国政報告会の最大の関心はなんといっても日露関係。この日は美浜町と日高町で国政報告が行われ、日高町は中央公民館会議室に入り切れない約250人が詰めかけた。
 領土問題に具体的進展がみられなかった今回の首脳会談の結果に対し、国民、日本のメディアからは「期待外れ」「ロシアにうまく利用されている」などという批判の声もあるが、世耕大臣は「中身をよくみれば大きな成果はいくつもある」と反論。自身が官房副長官時代に首相に進言、これまでの4島の帰属問題を含む平和条約締結を優先してきた日本の外交姿勢を改め、経済協力を先に進める提案がロシアの譲歩を引き出したと主張した。
 安倍首相はことし5月のソチ会談で、世耕大臣がまとめた健康長寿社会の構築など8項目の協力プランを説明。その際、世耕大臣は各項目をビフォーアフターの写真で示すことを発案し、「安倍首相が紙芝居のように説明したことでよく伝わり、私の作った資料がすごくほめられた。これが大統領のハートをわしづかみにしたんです」と、隠れた自身の功績を冗談まじりに明かした。
 両首脳は今回、北方4島で医療や観光など各分野の共同経済活動を進めることで合意した。世耕大臣はプーチン大統領が4島を対象とし、ロシアの法律でも日本の法律でもなく、「新たに結ぶ国際条約の下で経済協力活動を進めることは、ロシアにとって大きな譲歩だ」と指摘。そのうえで、「首脳同士の強い信頼関係が政治を安定させ、共同経済活動を後押しし、それによって政治が前進する好循環を生み出すと期待したい」と述べた。
 また、今回調印された官民合わせて80件のプロジェクトに対するロシア側の食い逃げの懸念については、「各分野で日本の企業にチャンスが生まれ、儲かる仕組みで、ロシアが足りない部分の支援もすべて、融資や投資で必ず日本側に返ってくる。食い逃げはあり得ない」と否定した。

関連記事

フォトニュース

  1. キャラメル味やで~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…
  2. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  3. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  4. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  5. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る