県が日高川の「川替え」着手へ

 県は来年度から御坊市藤田町藤井地内の日高川で行う右岸側の堤防改修事業に合わせ、左岸側の堆積土砂の一部を右岸側に移動させることで川の流れを変える「川替え」を実施する。洪水対策の一環として、御坊市や御坊市議会産業建設常任委員会が要望していた。右岸に沿っていた水の流れを左岸へ移すことで藤井多目的グラウンドへの浸水被害軽減や、堆積土砂の改善につながると期待されている。
 藤井や野口地区の日高川では以前から、流下能力の弊害となる土砂の堆積が大きな問題となっており、市や同委員会では県に対して再三、しゅんせつ等の要望を続けている。県は対策の一環として昨年度、野口新橋近くで川の中央付近に中洲のように堆積していた土砂の中央部分に溝を入れ、これまでは両サイドだった川の流れを中央に変える「川替え」を実施。流下能力の向上を図った。
 今度は、藤井グラウンドの対岸に大量に堆積した土砂を使って新たに川替えする。県は同グラウンドから上流側にある土生川との合流付近と、さらに上流部分の右岸側に設置している堤防を守るための消防ブロックが老朽化しているため、新しいブロックを投入して補強する工事を3年かけて実施する。ブロック投入等のための作業道路を、現在は水が流れている右岸側に建設する必要があり、左岸側の土砂の一部を利用するのに合わせ、川替えも実施することになった。
 左岸側の土砂を取り、右岸側に移動して作業用道路を建設することで、これまで下流向きに左カーブだった川の流れがほぼまっすぐになり、右岸に沿っていた川の流れを左岸側へ誘導。これにより、右岸側のブロックや藤井グラウンドに直接ぶつかっていた水流が解消され、藤井グラウンドの浸水対策につながると考えられている。さらに川の流れをまっすぐにすることで流下能力が向上し、堆積土砂が少しずつ河口へ排出されることにも期待されている。
 市では「完成すれば藤井グラウンドはこれまで浸かっていた雨量では浸水しなくなるのではと期待していますし、堆積土砂が少しでも解消されればと願っています」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 検査を受けて早期治療を

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る