南方で戦死 西脇さんの遺品家族の元へ

 ニューギニアに太平洋戦争で出征し、昭和19年6月10日、20代で戦死した由良町旧由良村出身の西脇邦佶さんの遺品とされる「日章旗」が見つかり、19日に同町役場で遺族に引き渡された。元米兵の家族が保管し、70年余りの時を経て日本、そして遺族の元に戻った日の丸の寄せ書きを前に、関係者は不戦の誓いを新たにしていた。
 日章旗は縦60㌢、横80㌢。絹製の日の丸の旗で、「西脇邦佶君」「祈武運長久」と大きな字で書かれ、西脇さんが勤務していたとされる会社名と従業員とみられる氏名が寄せ書きされている。西脇さんは8男2女合わせて10人きょうだいの末っ子として生まれた。出征時の階級は陸軍准尉。日章旗は元米兵が戦地から持ち帰り、他界後にアメリカノースカロライナ州に住む子どもが保管していたが、アメリカで日章旗返還運動に取り組む団体「OBONソサエティ」を通じて遺族への返還を希望。この団体から日本遺族会、和歌山県遺族連合会、日高郡遺族連合会に連絡があり、遺族を探していた。関係者によると、日章旗が見つかっても、遺族が判明して返還されるケースは少ないという。
 日章旗の引き渡しの際には、日高郡遺族連合会会長で県遺族連合会副会長の杉本正博さん(73)から、西脇さんの長兄の孫に当たる西脇公一さん(65)=里=に手渡された。西脇さんのおいの梶哲雄さん(86)=大阪市=とめいの山本一恵さん(73)=江ノ駒=も同席。畑中雅央町長、由良町遺族会の宮西里美会長、日高郡遺族連合会の田嶋弘章監事が立ち会った。
 その場で、日章旗を保管していた家族からの「70年以上に渡り私たちが保管させていただき、ご家族の元にお返しできますこと、この上ない喜びでございます。私たちの父は戦争について一切話すことはありませんでしたが、この世で二度とあのような悲劇が起こりませんよう願います」とのメッセージも紹介された。今回、日章旗という形での〝帰還〟に際して、公一さんは「遺品が一つもなく、戻ってきてくれたことは大変ありがたい。戦死した大叔父も喜んでいることと思う」とかみしめるように話し、杉本会長は「私の父も戦死したが、自分たちの家族の遺品が戻ってきたようなうれしい気持ち。これを機会に戦争の悲惨さを後世に伝え、戦争のない平和な世の中になるように」と願いを込めていた。

関連記事

フォトニュース

  1. 山も車両も気をつけましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る