子どもの自主性をどう伸ばすか

 先日、有田地方のある小学校の校長先生と話をする機会があった。先生いわく、「うちの学校では授業中に担任が教室にいなくても授業が成り立ちます」。子どもたちは黒板に向かうのではなく、子ども同士が向かい合い、分かる児童が分からない児童に勉強を教えてあげる。互いに足りない部分を補い合うことで協調性が生まれ、勉強だけでなく学校生活全般にいい影響と結果をもたらしていると、胸を張っておられた姿が印象的であった。なんでもかんでも教わるのではなく、自分たちで考え、解決法を見いだしていく。先生の言葉から、クラスの団結力と一人一人の自主性が育まれている子どもたちの姿を容易に想像することができた。
 教育について筆者は素人でどのようなやり方が最善なのかは分からないが、子供たちの自主性が伸びているならこのような方法はモデルケースの一つと言っていいだろう。実際、文部科学省からも授業を見学に来ており、「ここの授業が理想」と太鼓判を押してもらったという。もしかすると将来、この学校のやり方が全国に広まっていくかもしれない。そんな期待感を抱かせてくれる先生の満ちあふれた自信が頼もしく感じられた。
 子どもの自主性を伸ばすオリジナルの授業の根底にあるのは、徹底した仕組みづくりではなく、先生と児童の信頼関係だと強調されていた。全国学力テストで和歌山県が全国平均を大きく下回った2年ほど前、春休みにどっさり宿題が出ていたのを思い出した。学力を上げるために必要なことは単に勉強を押し付けるのではなく、子どもの自主性を伸ばすことが重要なのだと、あらためて感じさせられた。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. 最後まで諦めない!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る