がん治療 新たなステージへ

 医療の進歩がめざましい。がん治療の分野ではいくつかの最新療法が注目を集めている。その1つが樹状細胞ワクチン療法。和歌山県立医科大第二外科の山上裕機教授らの研究グループは来年春、日本で初のすい臓がん患者を対象とした医師主導治験を開始する。
 同大学は西日本の医療機関では最も多いすい臓がんの手術実績を持ち、10年前からは手術や抗がん剤の標準治療で効果がみられない食道がん、すい臓がん患者を対象としたペプチドワクチンの臨床試験などを行ってきた。その蓄積されたノウハウの上に、新たな段階の扉が開かれる。
 ペプチドワクチンも樹状細胞ワクチンも同じ免疫療法だが、樹状細胞ワクチンは患者の血液から樹状細胞の元となる細胞を取り出して成熟させ、がんの目印となるがん抗原(ペプチド)を取り込ませ、注射で再び患者の体内に戻す。これによってT細胞が活性化され、副作用が少なくがんを攻撃する。
 この自身の細胞(樹状細胞)を取り出して戻すという点が従来の免疫療法との最大の違い。がん攻撃の司令塔としての力を高めた樹状細胞を投与することにより、人工のがん抗原を直接投与するペプチドワクチンに比べて、より確実に前線のT細胞を勢いづかせることができるという。
 このほか、新たな免疫療法としては免疫チェックポイント阻害剤が注目を集め、代表的なものではメラノーマ(悪性黒色腫)と非小細胞肺がんに保険適用された「オプジーボ」がある。高額な薬価が国家を破たんさせかねない副作用ともいわれるが、樹状細胞ワクチンが一日も早く新薬となり、T細胞の力をフルに発揮させる併用等で、あらゆるがんを完璧にたたく日がくると信じたい。 (静)

関連記事

フォトニュース

  1. つながり絶やさぬ社会へ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る