がん治療 新たなステージへ

 医療の進歩がめざましい。がん治療の分野ではいくつかの最新療法が注目を集めている。その1つが樹状細胞ワクチン療法。和歌山県立医科大第二外科の山上裕機教授らの研究グループは来年春、日本で初のすい臓がん患者を対象とした医師主導治験を開始する。
 同大学は西日本の医療機関では最も多いすい臓がんの手術実績を持ち、10年前からは手術や抗がん剤の標準治療で効果がみられない食道がん、すい臓がん患者を対象としたペプチドワクチンの臨床試験などを行ってきた。その蓄積されたノウハウの上に、新たな段階の扉が開かれる。
 ペプチドワクチンも樹状細胞ワクチンも同じ免疫療法だが、樹状細胞ワクチンは患者の血液から樹状細胞の元となる細胞を取り出して成熟させ、がんの目印となるがん抗原(ペプチド)を取り込ませ、注射で再び患者の体内に戻す。これによってT細胞が活性化され、副作用が少なくがんを攻撃する。
 この自身の細胞(樹状細胞)を取り出して戻すという点が従来の免疫療法との最大の違い。がん攻撃の司令塔としての力を高めた樹状細胞を投与することにより、人工のがん抗原を直接投与するペプチドワクチンに比べて、より確実に前線のT細胞を勢いづかせることができるという。
 このほか、新たな免疫療法としては免疫チェックポイント阻害剤が注目を集め、代表的なものではメラノーマ(悪性黒色腫)と非小細胞肺がんに保険適用された「オプジーボ」がある。高額な薬価が国家を破たんさせかねない副作用ともいわれるが、樹状細胞ワクチンが一日も早く新薬となり、T細胞の力をフルに発揮させる併用等で、あらゆるがんを完璧にたたく日がくると信じたい。 (静)

関連記事

フォトニュース

  1. 2月中旬まで見頃です

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る