コメリガーデニングコンテストで太田さんが入賞

 ホームセンターのコメリが主催するコメリドットコム第19回ガーデニングコンテストの入賞作品が決まり、応募総数1126作品の中から「自慢のお庭部門」で印南町上洞、太田忠志さん(65)の「心が落ち着く癒しの苔庭」が、最優秀のグランプリに次ぐ審査委員長賞「大場秀章賞」に選ばれた。15年前から大切に育ててきたコケと石との組み合わせに工夫を凝らした自慢の庭。苔庭の趣があふれ、全体としての調和が高い評価を受けた。
 昔から庭づくりが趣味という太田さん。15年前、龍神の山や谷へ手のひらサイズのコケを採りに行き、自宅前に整えた土の山へ張り合わせた。深いところで15~20㌢に育ち、いまではじゅうたんのように大きく広がったコケ。庭は日照時間が長いため、毎日の散水を欠かさず、雑草は見つけしだいすぐに取り除く。夏場は日差しをさえぎる寒冷紗(かんれいしゃ)とすだれで日光から保護。昨年にはウサギやタヌキに剥がされたりしないよう柵を取り付けた。
 ことし、知人からコンテストのことを聞いて初めて応募。東京大学名誉教授で審査委員長を務める大場秀章さんの特別賞を受け、「見事にマット状になったコケの群生する一角に苔庭の趣があふれ出ています。庭全体が無理なく調和していて印象に残る」と評価されたという。太田さんは「名誉ある賞をいただき、評価されてうれしいです。通りがかりの人たちが見てくれて声をかけてくれるので、これからも大切にしていきたい」と笑顔を見せている。

関連記事

フォトニュース

  1. こらこら、やめなさいっていうの!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る