歯痛の激痛忘れるな

 ことし4月から通っていた歯医者での治療が、終わった。激痛の原因となった奥歯の根幹治療は5、6回で終わったが、その後もちょっとした虫歯の治療をしたり、銀を詰めていたところをやり直したり。いまでは歯の状態がすこぶるいい。
 それにしても20年ぶりに通った歯医者での治療方法の進歩にちょっとびっくり。歯のレントゲン写真が立体的に見えたり、パソコン画面で治療前と治療後の変化を見せてくれたり。特にうれしい驚きは麻酔注射が全く痛くないこと。昔は普通の注射針で恐ろしく痛かったが、いまは「電動式」らしく、まるで痛みなし。もちろんその医者の腕のよさもあるのだろうが、歯を削ったりするほかの治療を含めて、今回の歯医者で痛みを感じたことはほとんどなかった。
 筆者自身、小さいころの歯医者の痛みがトラウマのようになっていて、歯医者は苦手だった。だからついつい日ごろの歯の痛みを放っておいて今回は悪化してしまったのだが、これだけ歯の治療が痛くないようなら、早めに歯医者に行った方がいい。もちろん、できることなら歯医者に通わなくてもいいように、毎日のケアが大切なのは当然である。
 そんなことを言いながらも、歯の治療が終わってしまうと、まるで歯茎にナイフでも突き立ててぐりぐりされるような激痛で、眠れぬ夜を過ごしたあの経験を忘れつつある。人の脳は〝上書き保存〟されるようで、筆者の場合は痛い思い出が、治療後の歯の快適さに塗り替えられている。そうなると日ごろの歯のケアを怠ってしまうもの。だからこそ、なるべく歯痛の恐怖を頭に焼き付けておいて、自分への戒めにしようと思う。 (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. コロナ終息の願いを込めて

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る