中学硬式野球 村上君が関西選抜入り

 一般財団法人日本リトルシニア中学硬式野球協会関西連盟の海外遠征「第6回台北国際AA野球大会」(22~29日、台湾・台北市)に、南部シニアの村上侑希斗投手(14)=印南中2年、印南町印南=が参加する。関西連盟約130チームの中からメンバー16人に選出。日の丸入りのジャパンのユニホームを着てアジアの強豪などに勝負を挑むサウスポーは、「自分のストレートが通用するか試したい」と闘志を燃やしている。
 村上投手は小1春から軟式チーム、印南黒潮で野球を始め、中1春から硬式の南部シニアに所属。身長165㌢・体重51㌔、左投げ左打ちで、南部シニアでは中1夏から右翼でレギュラー。今秋の新チームから背番号「1」をつけている。
 120㌔前後の速球にチェンジアップ、カーブなどを駆使して打者を打ち取る本格派サウスポーのエース。特に右打者の内角へくい込む「クロスファイア」には威力があり、制球力にも不安がない。先の関西連盟秋季大会では1回戦の玉野(西部)戦で2失点完投、2回戦の兵庫北摂(同)戦で6回3分の1を1失点。準決勝の堺泉北(南大阪)戦で見事完封し、南部シニア準優勝、来春の全国大会出場の原動力となって同大会のベストナイン(投手)にも選ばれた。
 自身初の国際大会には「日本代表として外国のチームと戦うのが夢だったので、わくわくしています」。日の丸入りのユニホームにはすでに合同練習の際に袖を通しており、「緊張感が出てきました」と臨戦モードに入っている。南部シニアでは4番も任されているが、主に先発投手で起用されることが濃厚。「自分のストレートがどこまで通用するか試したい」と力強く話し、「チームの目標は優勝。それに貢献したい」と意欲を見せている。
 秋の公式戦の成績などを参考にメンバー16人が選ばれ、130㌔を超える速球を投げ込む投手ら将来有望な選手たちがそろう関西選抜では、くじ引きで決まった背番号「14」のユニホームで出場する。大会には台湾、日本、韓国、香港から計32チームが参加。4チームずつに分かれての予選リーグ、予選上位16チームによる決勝トーナメントで優勝を争う。
 南部シニアが国際大会に選手を送り出すのは創部3年目で初。井戸大志監督は「切れのいい速球を投げ、左投手独特のシンカー系のボールもある。同じ中学生なら打つのは難しいと思う」と左腕を評し、「レベルの高い選手たちと一緒に野球をやって、自分の足りない部分を勉強して成長につなげてもらいたい」とエールを送っている。

関連記事

フォトニュース

  1. オッス! ボクきぃぽん

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る