書の甲子園 藤川さんと稲葉さんが入選

 「書の甲子園」として知られる第25回国際高校生選抜書展審査が行われ、日高地方から藤川未帆さん(紀央館高2年)、稲葉有咲さん(日高高2年)の作品が入選した。国内外の高校生が腕を競う大会で、毎年1万点以上が応募。今回は国内のほか19の国・地域から1万6836点の応募があった。入賞・入選作品は来年1月31日から2月5日まで、大阪市美術館で展示される。
 藤川さんの作品は「居延漢簡」。前漢~後漢時代の木簡書で、歴史資料としてだけではなく書作品としても珍重されている。流れるような「はらい」が特徴の隷書(れいしょ)。藤川さんは「夏休み期間中に取り組みました。まっすぐに美しく書くのが難しく、太い線と細い線のメリハリをもっとつけたかったです。賞をもらえるとは思っていなかったので驚きました。とてもうれしいです」と喜んでいる。指導の石田真弓教諭は「よく書けていると思います。2年生になって急に伸びてきたので、これからが楽しみです」と評価している。
 稲葉さんは、清末期から近代にかけて活躍した書家・画家の呉昌碩の詩「寿蘇詞」を書いた。行草書体で力強い線の書。稲葉さんは「強い線を書くのが好きなので、この書を選びました。字の大きさをそろえるのに苦労しましたが、入選できてうれしいです。部活もあと半年ですが、頑張っていきます」と笑顔で話している。指導の田ノ岡大雄教諭は「個性を生かした力強い作品になっていると思います」と評価している。
201612書藤川さん作品.jpg
藤川さんの入選作品
201612書稲葉さん作品.jpg
稲葉さんの入選作品

関連記事

フォトニュース

  1. 吉兆!? これは珍しい

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る