王朝崩壊へ秒読み始まる?

 舞鶴の海にボロボロの木造船が流れ着き、船内から頭蓋骨や骨盤など8体分の人骨が見つかった。一緒に発見された作業服のポケットには北朝鮮の紙幣が入っており、ほかにハングル表記のたばこの箱もあった。
 日本海側では昨年秋ごろから国籍不明の木造船の漂着、遺体の漂着が相次いでおり、今回と同じように船内から見つかった遺体は延べ数十人、いずれもハングル文字の衣服やメモが発見されている。北朝鮮の漁業者、または同国から脱出してきた難民の船ではないかとみられている。
 このままではいずれ確実に政権崩壊、暴発的な政変が起きるといわれる北朝鮮に対し、中国の国境のまちでは金王朝崩壊を想定し、南から押し寄せる大量の難民に備え、食料貯蔵庫や一時収容施設の整備が急ピッチで進み、人民解放軍の基地も新設されているという。
 北朝鮮と同じ社会主義を標榜している国の中には、経済を開放しながら独裁を維持する中国もあれば、貧しくとも国民の医療と教育には格差を生まないキューバもある。しかしそれぞれ一長一短、本来の理想を実現できている国はなく、独裁に陥った国も少なくない。
 国民をかえりみず、己の見栄と欲望のまま金を使い、核兵器を作り、ミサイル発射を繰り返す狂気はどこまで続くのか。同じく国際社会のルールを守らず、孤立しながら支え合ってきた中国というボスのさじ加減一つで、王朝維持の目論見は一気に崩れ去るが、いよいよ支えきれなくなったか。
 各国が自国優先主義を強めるなか、トランプ新大統領は中国、北朝鮮に対してどう出るか。流れ着く木造船、中国の難民対策のニュースを見る限り、それを待つまでもなく、王朝崩壊のカウントダウンが始まった気もする。  (静)

関連記事

フォトニュース

  1. 被害防止へともに頑張りましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る