王朝崩壊へ秒読み始まる?

 舞鶴の海にボロボロの木造船が流れ着き、船内から頭蓋骨や骨盤など8体分の人骨が見つかった。一緒に発見された作業服のポケットには北朝鮮の紙幣が入っており、ほかにハングル表記のたばこの箱もあった。
 日本海側では昨年秋ごろから国籍不明の木造船の漂着、遺体の漂着が相次いでおり、今回と同じように船内から見つかった遺体は延べ数十人、いずれもハングル文字の衣服やメモが発見されている。北朝鮮の漁業者、または同国から脱出してきた難民の船ではないかとみられている。
 このままではいずれ確実に政権崩壊、暴発的な政変が起きるといわれる北朝鮮に対し、中国の国境のまちでは金王朝崩壊を想定し、南から押し寄せる大量の難民に備え、食料貯蔵庫や一時収容施設の整備が急ピッチで進み、人民解放軍の基地も新設されているという。
 北朝鮮と同じ社会主義を標榜している国の中には、経済を開放しながら独裁を維持する中国もあれば、貧しくとも国民の医療と教育には格差を生まないキューバもある。しかしそれぞれ一長一短、本来の理想を実現できている国はなく、独裁に陥った国も少なくない。
 国民をかえりみず、己の見栄と欲望のまま金を使い、核兵器を作り、ミサイル発射を繰り返す狂気はどこまで続くのか。同じく国際社会のルールを守らず、孤立しながら支え合ってきた中国というボスのさじ加減一つで、王朝維持の目論見は一気に崩れ去るが、いよいよ支えきれなくなったか。
 各国が自国優先主義を強めるなか、トランプ新大統領は中国、北朝鮮に対してどう出るか。流れ着く木造船、中国の難民対策のニュースを見る限り、それを待つまでもなく、王朝崩壊のカウントダウンが始まった気もする。  (静)

関連記事

フォトニュース

  1. エビいっぱいとれたで

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る