ロボフェス アイデアロボ絵画の入賞作品決まる

 きのくにロボットフェスティバル実行委員会が、ロボフェス10周年企画として全国の小中学生を対象に募集していた「わたしのアイデアロボット」絵画作品展の入賞者が決まった。日高地方からは優秀賞に1人、奨励賞に2人が入賞。今月18日に御坊市立体育館で開かれる「きのくにロボットフェスティバル2016」で表彰される。
 子どもたちに未来のロボットについて想像してもらい、イラストと言葉で表現することで、物作りへの関心を持ってもらおうと実施。全国から134点の応募があり、最優秀賞1点、優秀賞2点、奨励賞3点を選んだ。
 最優秀賞は奈良県上牧小6年の冨岡獅堂君で、作品はさまざまな機能が付いた車いす「WORLD KIND」。認知症の祖母のために考えた作品で、暖房や人工知能付きビデオ通話ができるテレビ、障害物感知センサーなどさまざまな機能が搭載されている。
 優秀賞には御坊小5年の田中さくらさんの作品「稲田守」が入賞。人の代わりに稲を育てるロボットで、田んぼの中を歩き回って稲を鳥から守るほか、足のセンサーで水の状態を調べ、目で撮影した画像を転送する機能も付いている。もう1点の優秀賞は和歌山市楠見小5年梅本賢和君の作品「ロボぐちごりょう」が選ばれた。
 奨励賞には印南小5年塩田雅也君の「待機児童問題解決ロボット」、川原河小5年東原百伽さんの「れいこちゃん」、和歌山市高松小1年垣本佳祐君の「こうつうあんぜんパトロールロボット」が選ばれた。

関連記事

フォトニュース

  1. ありがとうございます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る