貫一お宮の像が暴力を助長?

 ご親切というか丁寧な但し書きや注意書きの多い昨今。「加熱後は熱くなっておりますのでご注意下さい」など、それはそうだろうと思うしかないような表示を目にすることもある
 愛読しているギャグ漫画に、主人公が新作青春映画を見に行く話があった。授業をサボり煙草をふかす高校生。画面の下に「俳優は成人しています。喫煙を助長するものではありません」と字幕で注意書きが出る。「部活はどうした」ととがめる教員が登場すると「登校を強制するものではありません」、吸殻を川に捨てる場面では「小道具であり水質への影響はありません。あとで回収しました」、「彼女欲しーな」「女なんて面倒なだけだ」の会話に「女性蔑視や差別の意図はありません」…字幕が多すぎて話に集中できない。主人公達は「こんな世の中誰が望んだんだろうね」「想像力のないヒマな人間ですよきっと」と嘆く
 全国紙で知ったが、熱海にある「金色夜叉」の一場面を再現した銅像に但し書きのプレートが付いた。貫一がお宮を足蹴にする有名な場面で、「文学作品の一場面であり、暴力を助長する意図はありません」と英語・日本語で記されている。まさに漫画を地でいく現実。一体どこの誰が、暴力を助長する目的で銅像を建てるなどと思うのだろうか
 何らかの表現で傷つく人がいるのなら実態に即して誠実に対応すべきで、予め中庸的表現を心掛ける態度も場合により必要かもしれない。だが名作文学でそんな事態が起こることは、実際には稀であろう
 本質を離れた部分で、問題が起きる可能性をいちいち先回りして考えるような縮こまった心は、豊かな芸術を楽しむ境地からは程遠い。そんな硬直した心が万一にも世の主流になってはと、それが心配だ。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. 春告げるツクシがニョキッ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る