生き生きと「ソメコとオニ」

 よみきかせサークルみなべは3日、みなべ町東本庄の来迎寺できのくに「語り」寄席を開いた。約50人が来場し、群読や語りが披露された。
 読み聞かせサークルのグリムの会(印南町)、はなまる(御坊市)、和歌山よみきかせの会連絡会が共催。主催者を代表してよみきかせサークルみなべの川口せつ子さんが「一生懸命に練習してきた私たちのお話の世界を皆さんに楽しんでもらいたい」とあいさつした。
 トップで登場したはなまるは群読で「ソメコとオニ」を発表。オニが遊び足りないソメコをさらって岩屋に連れ込み、親に金一俵を要求するはずだったが、ソメコはまったく怖がらず、逆にオニがソメコの遊び相手をさせられる。最後にはソメコの親に「ソメコを連れて帰ってくれたら金一俵を渡す」という手紙を送るという物語。メンバーの5人が生き生きと読み上げた。他にも語り「紀州ばなし」、群読「月夜なり」などが披露され、会場からは大きな拍手が送られていた。

関連記事

フォトニュース

  1. 和歌山から初めて掲載されました

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る