援護事業功労で杉本さんに大臣表彰

 長年にわたって戦没者遺族らの援護に関する事業に携わり、顕著な功績を残している個人に贈られる援護事業功労者厚生労働大臣表彰の本年度受賞者が決まり、みなべ町北道、県遺族連合会副会長の杉本正博氏(73)が選ばれた。英霊の慰霊に大きく寄与したことなどが認められた。表彰式は8日に東京都千代田区霞が関の中央合同庁舎で行われる。
 杉本さんが1歳半の時、父親の冬春さんが終戦間際の昭和20年1月28日に中国で戦死。父親の顔も覚えていないが、戦地から届く手紙には生まれたばかりの杉本さんを思う内容がよく綴られていたという。
 平成17年4月からは日高郡遺族連合会の会長に就任。26年4月からは県遺族会の副会長も務めている。長年にわたって英霊の慰霊や顕彰に大きく貢献し、戦没者大会の開催では中心的な役目を果たしている。戦後70年の昨年は県遺族連合会が記念誌「あゝ大東亜戦争 遺児たちの歩んだ道」を出版したが、遺族への原稿依頼など積極的に制作に取り組んだ。受賞が決まったことに、「軍人だった父親は戦死したが、空襲などで多くの一般人も被害を受けた。今後も戦争のない平和な日本であり続けられるよう、活動していきたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 地震がきたらどうする?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る