感謝と思いやり

 妻の第2子妊娠といううれしい出来事があったのだが、妊娠がわかってから体調が優れない日が続き、短期間だが入院もした。そうなると、生活するのが大変。妻の両親に夕食、2歳の長女の世話などでサポートを受けて大助かりなのだが、それでも食事の用意、後片付け、洗濯、買い物など、普段ほとんど妻任せの慣れない家事は多くあり、何かと忙しい毎日が続いている。特に仕事が終わってからの家事は面倒くさいと思ってしまい、お茶や牛乳を飲む際にきれいなコップが並んでいる〝いつも〟の状況にありがたみを感じている。
 最近のニュースで、ライオン㈱が妻の家事負担軽減を阻害する要因を探るために共働きの夫婦を対象に行った「家事分担に関する意識・実態調査」が目についた。夫の家事分担役割について、夫と妻それぞれに質問したところ、夫は自己申告で34%というのに対し、妻は21%と認識に大きなギャップがあることが分かったという。妻側からは、夫の家事のやり方に不満を感じた時、3人に1人は「やり直している」と回答もあり、夫にしても「せっかくしたのに」とストレスの生まれる結果が出ていた。
 この調査でおもしろかったのは、自分の家事について妻から高く評価されている夫では、分担する家事を増やす意向が全体の割合よりかなり高いということ。夫婦が互いに感謝し合い、思いやりを持って行動するという意識を持てれば、円満な家庭になるようだ。
 「きょう、後片付けやるわ」(夫)、「きれいに掃除してくれてありがとう」(妻)。こんな会話が当たり前にあるとストレスが溜まらない。第2子が生まれたら、もっと忙しくなりそうなので、その前に調査のニュースはすごく参考になった。  (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 揺れる火に思いを込めて

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  ホラー、怪談、恐怖小説、怪奇小説、スリラーなどいろいろ類語はありますが、私はやっぱり日本古来の怪談…
  2.  代表作の「青の炎」や「悪の教典」で今や誰もが知っている人気のホラー作家貴志祐介。デビューから1年目…
  3.  ひとりかくれんぼとは、もともと関西・四国地方において、「コックリさん」と共によく知られる遊びであっ…
  4.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  5.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
ページ上部へ戻る