英語プレゼン 和高専チームが全国へ

 第10回近畿地区高専英語プレゼンテーションコンテスト(同実行委員会主催)がこのほど奈良高専で開かれ、プレゼンテーションの部で和高専生3人のチームが見事優勝。同校では昨年に続き2年連続となる全国大会(来年1月28、29日に東京代々木オリンピックセンター)出場を決めた。
 高専生の英語力を向上させ国際的に活躍できる技術者を育成するとともに、高専同士の交流を促すために毎年開催。個人のスピーチの部、3人編成のプレゼンテーションの部があり、順に11人、7チームが出場した。いずれも2位までが全国に出場できる。
 プレゼンテーションの部では、10分間の発表、5分間の質疑応答があり、すべて英語で対応する。和高専の3人は鈴木小径さん(物質工学科4年生・衣笠中出身)、寺下功一郎君(物質工学科4年生・切目中出身)、中岡江美さん(物質工学科3年生・早蘇中出身)。発表テーマは「イルカとセラピーと人工知能」。癒やし効果などさまざまな特徴をもつイルカの特性をコンピューターの人工知能に活用し、セラピーに生かすシステムを構築する内容。3人はスクリーンを使って説明し、論証の正確さやキーワードを強調するなど発表資料のデザイン性などが高評価。日ごろ練習してきた英語で質疑応答にも的確に応え、見事優勝に輝いた。全国出場に向け、さらに英語力などを磨いている。
 また全国は逃したが、スピーチの部で同校の新林真奈さん(環境都市工学科2年生・吉備中出身)が支えあう世界の大切さを訴え4位、有井碧君(環境都市工学科2年生・海南中出身)が「ごっこ遊び」の効用を説明し、5位に入った。

関連記事

フォトニュース

  1. 先輩、ありがとうございます!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る