美浜の御﨑神社 徳川治宝の扁額を修復

 美浜町和田、御﨑神社(大森伸也宮司)の礼拝所に掲げられている、紀州藩十代藩主・徳川治宝(とくがわ・はるとみ、1771~1853)から贈られたとされる扁額の修復が完了し、30日にお披露目された。1838年、治宝自筆の書「海幸舩守」を写して制作、文字通り海の通行の安全を願って同神社に設置されたと伝えられる貴重な文化財の一つ。制作以来初の修復といい、金箔の貼り直しなどで178年ぶりに完全によみがえった輝きに氏子らも喜んでいる。
 扁額(横長の額)は縦1㍍、横2㍍の大きさ。力強い「海幸舩守」の文字のほか、治宝の落款などもあり、縁まわりには徳川家の家紋「葵紋」が10、配されている。制作から170年以上が経過し、近年は金箔や漆が剥げるなど特に老朽化が目立ってきていたため、氏子の協力で費用をまかなってことし9月から修復に取りかかっていた。
 修復作業は福井県の金箔、漆職人らに依頼し、ことし9月にスタート。完成した額は文字と縁まわりの金箔が美しい輝きを放っている。30日には礼拝所上部に再び掲げられ、総代長の中西克治さんも「これで貴重な文化財をきちっと次の世代に引き継ぐことができます。氏子の皆さんにもぜひ、見に来てほしいと思います」と笑顔を見せていた。
 美浜町の歴史、文化について講演を行うなど町内の文化財にも詳しい御坊市文化財保護審議会委員の大谷春雄さんによると、治宝自筆の書の額は「特に自分が思い入れのある地に贈ったと思われる」と説明。日高地方では御﨑神社のほか、小竹八幡神社(御坊市薗)、誕生院(日高町志賀)にも贈られたという。御﨑神社の扁額については「日ノ御埼沖、紀伊水道を通る船の平穏を願って贈られたと考えられ、『美浜町の宝』といっていいほど貴重な文化財だと思います」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. つながり絶やさぬ社会へ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る