美浜の御﨑神社 徳川治宝の扁額を修復

 美浜町和田、御﨑神社(大森伸也宮司)の礼拝所に掲げられている、紀州藩十代藩主・徳川治宝(とくがわ・はるとみ、1771~1853)から贈られたとされる扁額の修復が完了し、30日にお披露目された。1838年、治宝自筆の書「海幸舩守」を写して制作、文字通り海の通行の安全を願って同神社に設置されたと伝えられる貴重な文化財の一つ。制作以来初の修復といい、金箔の貼り直しなどで178年ぶりに完全によみがえった輝きに氏子らも喜んでいる。
 扁額(横長の額)は縦1㍍、横2㍍の大きさ。力強い「海幸舩守」の文字のほか、治宝の落款などもあり、縁まわりには徳川家の家紋「葵紋」が10、配されている。制作から170年以上が経過し、近年は金箔や漆が剥げるなど特に老朽化が目立ってきていたため、氏子の協力で費用をまかなってことし9月から修復に取りかかっていた。
 修復作業は福井県の金箔、漆職人らに依頼し、ことし9月にスタート。完成した額は文字と縁まわりの金箔が美しい輝きを放っている。30日には礼拝所上部に再び掲げられ、総代長の中西克治さんも「これで貴重な文化財をきちっと次の世代に引き継ぐことができます。氏子の皆さんにもぜひ、見に来てほしいと思います」と笑顔を見せていた。
 美浜町の歴史、文化について講演を行うなど町内の文化財にも詳しい御坊市文化財保護審議会委員の大谷春雄さんによると、治宝自筆の書の額は「特に自分が思い入れのある地に贈ったと思われる」と説明。日高地方では御﨑神社のほか、小竹八幡神社(御坊市薗)、誕生院(日高町志賀)にも贈られたという。御﨑神社の扁額については「日ノ御埼沖、紀伊水道を通る船の平穏を願って贈られたと考えられ、『美浜町の宝』といっていいほど貴重な文化財だと思います」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 昔はどの家でも作ったけどな

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る