先進地に学ぶ防災対策

 人口1万1700人余りの小さな町に、日本を含め世界30カ国の高校生362人が集い、将来の津波防災の在り方について熱心に議論した。南海トラフの巨大地震では津波の最大高が34㍍と想定されている高知県黒潮町で開催された、世界津波の日高校生サミットを取材した。分科会では、災害への備えや復興をテーマに参加各校が日ごろの取り組みや課題、今後の展開をプレゼンした。全員が英語で活発に意見を交換していた姿を見て、いまどきの若者はすごいと感心させられた。県内から唯一参加の日高高生をはじめ、彼、彼女たちは未来の防災リーダーになっていくだろう。
 高校生たちの熱い思いもさることながら、黒潮町を訪ねて考えさせられたことが大きく2つある。一つは自然との共生の在り方。東日本大震災で目の当たりにしたように、津波は海の脅威、恐怖ということになるが、しかしながら海の恩恵を受けて人々は生きている。会場近くの小学校では高台に避難した際、自然を愛する気持ちを込めて「おーい」と海に向かって叫んでいるという。サミット参加者も習って「おーい」「アイ・ラブ・シー」と叫んでいる姿が非常に印象に残った。海とともに生き、時に向かってくる牙からどう生き抜くのか、あらためて考えさせられた。
 もう一つは、地域全体の防災意識の高さである。会場に入る高校生たちを住民挙げて歓迎している姿に、自助、共助の意識の高さが感じられた。津波高34㍍という途方もない数字にあきらめるのではなく、どう生き延びるかを住民が共通認識しているように感じた。津波防災を考える上で最も大事なことである。見習うべきことはまだまだたくさんある。 (片)

関連記事

フォトニュース

  1. 梅業界の発展を願って

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る