外タレ様は日本がお好き?

 先日、両国国技館で行われた世界のビッグアーティストが集うイベント。「ジミー・ペイジとジェフ・ベックが夢の響演」と銘打ちながら、目当てのジミー・ペイジは演奏もせず、ものの2分で退場したという。
 ワイドショーで見た限り、ファンにとってはあまりにひどい話。最も高い席は30万円もしたそうで、最終的に希望者には全額返金することになったというが、ポスターや告知は明らかにギター演奏を披露するという印象で、騒ぎになるのも当然だろう。
 ライブは、演者と客席の生の一体感が醍醐味。大好きなアーティストであれば、ファンはその時間がまさに夢見心地で、海外の大物ともなれば、この機会を逃せば二度と日本に来ないのではという心理も働き、チケット争奪が激化する。
 10年以上前のエリック・クラプトンの大阪城ホールもそうだった。広告には「これが最後のワールドツアー」とあり、慌ててチケットを申し込んだが、すでに完売。ウドー音楽事務所のお姉さんに「立見席ならご用意できますが…」といわれ、思いきって8000円の立見券を2枚買った。
 与えられた場所はステージから最も遠く、札幌ドームなら大谷翔平のホームランが突き刺さる最深部。左中間スタンド最上段の後ろの通路で、クラプトンは目を凝らして何とか姿が見える程度だったが、それでも「最後の日本公演やしな」と満足して帰った。
 ところが翌年、見納めだったはずのクラプトンがまたも来日。以降も毎年のように日本へ来ており、3年前にはツアー引退を宣言しながら、平然とツアーを続けている。「おまえは『もうあかん』の大阪の靴屋か」と突っこみたいぐらいだが、今回のジミー・ペイジに比べれば笑えるだけ罪は軽い。  (静)

関連記事

フォトニュース

  1. こらこら、やめなさいっていうの!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る