由良町のメガソーラー 12月から稼働

 大阪ガス㈱グループ会社の由良風力開発㈱が、由良町吹井地内で建設工事を進めていた「由良太陽光発電所北・南」が完成。12月1日から稼働し、5日午前11時から近くのホテル三紀で竣工式が行われる。発電出力約1600㌔㍗のメガソーラーで、同グループの太陽光発電所としては県内最大規模。今春からの電力小売り全面自由化に伴い同グループが、新たなクリーンエネルギーを確保するのが狙いだ。
 由良風力開発は、大阪ガスの子会社となる㈱ガスアンドパワーの100%出資子会社。由良町内に5基の風力発電を建設した実績もある。今回の太陽光発電所は白崎会館東にあった民間企業の土地を賃貸。昨年11月から造成工事に着手し、パネル設置などを進めてきた。設計、施工はJFEテクノス㈱。発電出力は道路を挟んで北側が341・85㌔㍗、南側が1311・75㌔㍗の計1653・6㌔㍗。パネル設置数は、計6240枚で、1年間の発電量は166万㌔㍗時(一般家庭消費電力の約450世帯分)。電力は大阪ガスに売電する。
 大阪ガスの電力確保は、天然ガス発電がメーンだが、環境にやさしい太陽光発電所などの拡大を積極的に進めている。県内ではすでに広川町で835㌔㍗の太陽光発電所を稼働させているが、由良町の太陽光発電所が県内で最大規模となる。電力小売り全面自由化では、さまざまな企業が参入しており、関西では大阪ガスが大きな存在感を示している。
 竣工式に出席を予定している畑中雅央町長は「町としては太陽光発電所の設置で税収のメリットがあり、施設のメンテナンスで雇用につながることも期待している。遊休地の活用にもつながっている」と歓迎している

関連記事

フォトニュース

  1. まちづくりって難しい?

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る