「毒舌先生」の俳人夏井さんが御坊で講演

 平成28年度第5回市民教養講座は26日に御坊市民文化会館大ホールで開かれ、毎日放送「プレバト!!」で”毒舌先生”として人気の俳人、夏井いつきさんが「俳句のある生活を楽しみたい人のための俳句」をテーマに講演。会場全員参加の句会ライブで俳句を指導し、俳句を作るのは初めての参加者らも秀作を詠んで盛り上がった。
 夏井さんは、番組での着物姿とはイメージの違う、軽快な洋装で登壇した。「富士山があんなに高く美しいのは、豊かで広い裾野に支えられているから。俳句の裾野を耕すのが私の仕事です。きょうは俳句を作ったことがない皆さんも『チーム裾野』として、俳句を少しでも作れる体になってお帰り頂きたい」と俳句作りのコツを伝授。①季語を入れる②5・7・5の17音で作るという誰でも知っている俳句のルールを基に、「季語が5音だとすると、あとの12音で自分の言いたいことを詠む。この12音が『俳句の種』。俳句は、季語+俳句の種でできています」と俳句のメカニズムを分かりやすく説明。例として、参加者の名前を詠み込みながらユーモラスな俳句を作ってみせる一幕もあった。後半は「俳句を作ると前頭前野の血流がよくなり、認知症の予防にも治療にもなります」と、会場の全員が参加する「句会ライブ」に移った。「和」の一字を使うこと、というルールで全員が頭をひねり、それぞれ作品を用紙に書いて提出。夏井さんが早速その場で秀作を選び出した。「きょうの日を指折り数え冬日和」「冬日和駐車場からはやる足」などこの講座を待ちわびた気持ちを詠んだ句、「和歌山の名物は何みかんです」「和歌山はフルーツうまし日向ぼこ」と郷土自慢の句、「和やかな母の一言冬の昼」「孫が打つ和太鼓響く春隣」と家族を詠んだ句など17句が入選。特選として7句が選ばれ、夏井さんが1句ずつ寸評しながら、最終的には客席の拍手の大きさで1位を決定。「和裁する母の手仕事冬の暮れ」が1位に決まった。夏井さんは「おうちの光景を語ったいい句ですね」と評し、作者にサイン入り著書が贈られた。最後に「俳句は5年、10年と続けていけば自分史、家族史にもなる。一緒に詠んでいきましょう」と呼びかけ、大きな拍手で和やかに終わった。1位以外の特選の句は次の通り。
 和ちゃんとフラメンコおどる冬ぬくし▽息白し沖から眺むる和歌の浦▽友人と和音奏でる日向ぼこ▽冬ぬくし水面に和む我が体▽冬ばらや伯母のにおいの帯和服▽冬ぬくし昭和の顔で学びたり

関連記事

フォトニュース

  1. 日高の魅力が満載

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る