いまできることに一生懸命

 米大リーグ、アトランタブレーブス国際スカウト・スーパーバイザーの大屋博行さん(51)が先日、由良町を訪れ、中学生硬式野球チームの紀州由良シニアを指導した。大屋さんは幾多のプロ野球選手を目の当たりにしてきた経験を生かし、スカウト活動の傍ら全国各地で野球指導に取り組んでいる。紀州由良シニアとも17年前から交流があるそうだ。
 プロのトップレベルの選手、将来有望な選手を間近で見続ける人からアドバイスや話を直接聞ける機会。子どもたちだけでなく指導者ら関係者にとって、とても有意義な時間になったと思う。筆者が会場に着いたときは投球指導の真っ最中。ステップの仕方や腕の振りといった基本動作についてアドバイスを送っていた。分かりやすい指導で、選手たちはすぐに習得。素人目に見ても分かる、いい球を投げ込んでいた。
 途中から近くで見せてもらっていたが、大屋さんは改善が見られると「よしよし」「そうやー」と大きな声を出し、「格好いいやん」「おっちゃんが見たかったのはそれよ」とにっこり。選手のモチベーションを上げ、うまくやる気にさせていた。一方で「厳しい練習は忍耐力を養い、社会に負けないために役に立つ。やってきたことに胸を張れるよう自分に厳しく、人に勝つためには自分に勝とう」と激励。ひと言ひと言に重みがあった。
 スカウトの目からすれば隠れた努力も手を抜いたところもお見通し。最後に「どこかで読んだ言葉だけど」と言いながら「一生懸命やっていると報われる、結果が出る、そして見ている人がいる」と贈った言葉が印象的だった。社会でも同じ。いまできることに一生懸命になろう。  (笑)

関連記事

フォトニュース

  1. 来年もまた元気で会いましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る