桑原さんが五輪育成競技者に

 公益財団法人日本陸上競技連盟が19歳以下の世代で2020年東京五輪での活躍が期待されるアスリートを指定する「U19オリンピック育成競技者」に、日高高3年の桑原翠さん(18)=美浜町吉原=が選ばれた。桑原さんは女子ハンマー投げで日本高校記録に迫るなど世代トップの実力を持つ有望株。来月には育成競技者が集まる研修合宿に初参加し、夢の五輪へ第一歩を踏み出す。
 桑原さんは昨秋の紀の国わかやま国体で3位入賞。その後は左ひざの故障に苦しめられ、ことしは春に県高校記録を更新したあと夏前から左肩の故障で2カ月間ほどハンマーを投げられなかった。2度目の故障の間に左肩以外の筋力を鍛え直し、パワーアップに成功。秋口から本格的な練習を再開し、先月下旬の日本ジュニア陸上競技選手権大会では日本高校記録(56㍍84)に迫る55㍍57の好記録をたたき出して復活を告げる3位入賞を果たした。同大会の上位2選手は大学生で高校生1位の成績を収め、世代トップの実力をあらためてアピールした。
 育成競技者は高校1、2年生対象のユース、同3年生対象のジュニアなどの区分があり、桑原さんのジュニアには全国のトップアスリート50人が指定されているという。そのうち、女子ハンマー投げは2人。
 今後は、まず12月4日から7日までの4日間、東京都の味の素ナショナルトレーニングセンターで行われる測定研修合宿でメディカルチェックなどを受けたあと、4年後の夢舞台を目指して日本陸連が行う強化、育成合宿などへ参加。国内最高レベルの指導の下、競技力アップを図っていく。
 育成競技者指定の知らせは今月上旬、学校へ届いた。桑原さんは「まったく思ってもいなかったことなので最初はびっくりでしたが、これでオリンピックへ一歩踏み出せると思いました」と話し、研修合宿の参加などには「集まってくるのはすごい選手ばかり。いろんなことを吸収して自分をもっと伸ばしていきたい。競技者としてだけでなく、人間としても成長できれば」と目を輝かせている。高校卒業後は大学に進学して競技を続けることも決めており、いよいよ世界に羽ばたくアスリートとしてスタートを切る。

関連記事

フォトニュース

  1. モチーフはヤタガラス

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る