魅力「再発見」から「生かす」へ

 ことし1年間で話題となった言葉を選ぶユーキャン新語・流行語大賞のノミネート30語が、発表された。もうことしを振り返る時期なのかと、流行語よりもまず時のたつ早さに驚くばかり。それもそのはず、師走の足音が聞こえる11月も中旬で、第4コーナーを回って最後の直線に入っている。平成28年もいよいよラストスパートである。
 ノミネート30語には、ゲス不倫、SMAP解散、アスリートファースト、ポケモンGO、トランプ現象、いま話題のPPAPまで芸能、政治、国際、社会現象とバラエティー豊か。流行語の当たり年といわれるのも分かる。個人的にはリオオリンピックでの日本人選手の活躍が印象に残っているので、唯一ノミネートされたタカマツペアが目を引いた。流行語というには少しインパクトに欠けるかもしれないが、浮き沈みの激しい昨今、時代の波に乗った一時的なブームではなく、努力に努力を重ねてつかんだ栄光は純粋にかっこよかった。もちろん一時的なブームも時代の象徴である。世相を表すという意味で大事なことはいうまでもない。大賞の発表は12月1日。いまから楽しみだ。
 筆者が担当する御坊市に目を向けると、どんな1年だっただろうか。上半期の半年間はまさに市長選一色だった。選挙のおかげで前進した事業があり、また住民が自分のまちの将来や魅力を考える機会ともなり、意義のある選挙であった。下半期は「おんぱく」をはじめ、市もまちをPRするプロモーション戦略策定へ力を入れており、ことしを象徴する言葉としては「魅力再発見」が当てはまるだろうか。大事なのはこれから。来年は「魅力を生かす」1年になることを願っている。 (片)

関連記事

フォトニュース

  1. 水をまいたら涼しくなるよ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る