宮子姫みなとフェスタ大にぎわい

 御坊市と御坊市観光協会主催の宮子姫みなとフェスタが13日、塩屋町南塩屋の日高港で開催され、好天にも恵まれ例年より多い2万人(主催者発表)が訪れにぎわった。  
 午前9時半のオープニング前から多くの家族連れらが来場。おいしいグルメや物産販売、企業や団体のPRなど55のテントが出店され、客足が絶えない盛況ぶり。ステージイベントも好評で、踊りやダンス、太鼓演奏、歌など多彩な内容で盛り上がっていた。メインイベントの一つ、宮子姫時代行列は正午からスタート。宮子姫オフィシャルコンパニオンの堀内友里加さん(26)と吉田美咲さん(22)を先頭に、藤原不比等、男官、女官役の河南中学校生徒らが時代衣装を身にまとい、人でごった返す会場をパレード。宮子姫は笑顔で手を振り、和やかな雰囲気に包まれていた。もう一つのメイン、エアレース世界大会で日本人初優勝を飾った室屋義秀さんによる恒例のエアロバティックショー前には、駐車場が渋滞するほどの人出。室屋さんは、きりもみ状態で急降下したり、背面飛行などのパフォーマンスで盛り上げ、日高港岸壁沿いを低空飛行すると集まった見物人から大きな歓声が湧き起こっていた。会場に来るのは初めてという塩屋町の北野祥弘さん(31)は「エアショーは迫力があってすごかった。これだけ盛り上がるイベントはなかなかないので、楽しい」と話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより簡単かも

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る