日本動物児童文学賞 さいわい徹さんが優秀賞

 公益社団法人日本獣医師会の第28回日本動物児童文学賞の受賞作品が決まり、大阪からの移住者で印南町美里の漫画家、さいわい徹さんの児童向け小説「霧の波」が最優秀の大賞に次ぐ優秀賞を受賞した。初めて手がけた文学作品で都会の少年が田舎を訪れ、サルやイヌと触れ合う物語。自身が受けたカルチャーショックを織り交ぜて書き上げ、「動物を思う気持ちの大切さが伝わる」と高評価を受けた。
日本動物児童文学賞は、次代を担う子どもたちに正しい動物福祉や愛護の考え方を身につけてもらおうと、動物に関する文学作品を広く募集。入賞作品を表彰、公表するとともに、特に優れた作品を普及させることで、子どもの健全な育成と豊かな人間性を養成することを目的に実施している。今回は全国から118作品の応募があり、日本児童文芸家協会会員の井上こみちさんが第1次審査を担当。第2次審査に進んだ15作品の中から大賞1点、優秀賞2点、奨励賞5点が選ばれた。
 さいわいさんの作品は東京に住む少年が父の実家がある田舎を訪れ、群れからはぐれたサルと出会ったり、隣の家に飼われているイヌとの交流を描いたストーリー。「動物との共生の難しさや動物を飼うことについて、男の子の田舎での体験を通して考えさせられ、生態系保全の大切さが理解できるとともに、動物との共生に答えがないこと、動物を思う気持ちが大切なことが伝わってくる」と高い評価を受けた。大賞と優秀賞の3作品は受賞作品集として製本。全国の小学校を中心に図書館や関係機関に配られる。
 さいわいさんは18年前にIターン。サルやイノシシが有害鳥獣として扱われている現実を初めて知り、農村社会での鳥獣害問題をメーンに取り上げた。印南での生活を通して実際に見たサルやイヌをヒントに執筆。受賞に「びっくりしました。うれしいです。これからの活動、仕事に生かして漫画や文章の世界で頑張りたい。これまでは獣害をテーマにした作品が中心でしたが、これをきっかけに新しい題材も見いだして描こうと思います」と笑顔を見せている。

関連記事

フォトニュース

  1. おにぎりはやっぱり梅!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る