住民の根底にあるのは「チェンジ」

 アメリカの大統領選挙が8日に行われ、共和党のドナルド・トランプ氏が民主党のヒラリー・クリントン氏を破って勝利した。クリントン氏は政治経験がない上、「すべてのイスラム教徒は入国を拒否すべきだ」「メキシコとの国境に壁を建設し、費用はメキシコに払わせる」などの数々の暴言を吐き、「トランプ氏が大統領になったら世界はどうなるのか」という不安の声も聞かれた。しかし、アメリカ国民が選んだのはエリート政治家のヒラリー氏ではなかった。見通せない先行きは株式市場にも波及し、9日の日経平均の株価は稀に見るような暴落となった。
 トランプ氏勝利の背景には、経済などに不安を持った国民が「現状を変えてほしい。それをできるのはいままでの政治家ではなく、新しいタイプ」と支持したという構図があったと言われている。6月にイギリスで行われたEC脱退に伴う国民選挙もそうだった。イギリスがEUに加盟していることで移民を受け入れなければならず、仕事を奪われてしまうという国民の不安があったことが離脱を選択した要因の1つとされる。大統領選、イギリスの国民投票ともに根底にあったのは住民の不安。チェンジへの選択だった。
 先月初めに行われたみなべ町の議員選挙も見方によっては同じ。立候補した現職9人のうち4年前の前回票を上回ったのは1人だけ。8人は前回票を下回り、新人が上位を独占した。梅産業の低迷で住民の生活が苦しくなっている中、現職議員ではなく、新人候補に「現状を変えてほしい」というメッセージだったのかもしれない。今回の大統領選が単なる海の向こうで起こった出来事と簡単に片付けることはできない。 (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. ありがとうございま~す!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る