VRの進化に期待

 ことしももうすぐ流行語大賞の候補が発表されると思うが、PSVRで有名になった「VR」が入ってくるだろう。VRとはVirtual Reality(バーチャルリアリティ)のことで、日本語では仮想現実。PSVRが発売された際のニュース映像などで見た人も多いと思うが、両目を覆いかぶせるようなヘッドギアを頭に着けて、専用の映像を視聴したりゲームをプレイすると実際にその世界にいるかのような体験ができるとのこと。PSVRは試したことはないがかなりVR世界にのめり込んでしまうようで、体験した人が、座っていたいすから転げ落ちる動画などもよく目にする。
 PSVRのような本格的な物はないが、筆者も以前スマホを機種変更した際、おまけでVRゴーグルをもらった。厚紙でできたゴーグルで、スマホを装着するタイプ。YouTubeや対応ゲームで体験することができる。動画ではジェットコースターや恐竜の世界を3Dで見ることができ、ダンジョンを探索するゲームでは自身が右や左、上などを向けば画面を同じように動くので、実際にゲームの中にいるような感覚になる。あまりにリアルなので驚いたり、頭や体を動かしてしまうので、はたから見ればかなり滑稽に見えるだろう。
 リアルな体験をできるVRは何もエンターテイメントだけではない。交通事故や津波、火災などでも活用できる。すでに取り組んでいるところもあるようだが、VRで各災害などをリアルに体験することで、意識を高めることができるだろう。このほか医療や広告業界などさまざまな分野で活用が進められているVR。これからの発展に期待したい。 (城)

関連記事

フォトニュース

  1. この生命力にあやかりたい

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る